暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 29日

彼女らに統率されて金星も火星も顔を上げて笑へり

d0021306_1144346.jpg





彼女らに統率されて金星も火星も顔を上げて笑へり
(新井蜜)
[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-29 11:44
2017年 05月 29日

終末の雨になりたい飴色のあなたの傘を赤く濡らして

d0021306_1071895.jpg

終末の雨になりたい飴色のあなたの傘を赤く濡らして

(新井蜜)
[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-29 10:07
2017年 05月 28日

妻に結城を娘に塩を買ひ与えロトはふたたび『あなた』を読んだ

d0021306_2341930.jpg





妻に結城を娘に塩を買ひ与えロトはふたたび『あなた』を読んだ
(新井蜜)
[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-28 23:04
2017年 05月 28日

かばん関西の奈良歌会に参加しました。会場は奈良県文化会館。 8人参加、和やかながら真剣な歌会でした。 (新井蜜)

d0021306_17482154.jpg
d0021306_17482158.jpg





[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-28 17:48
2017年 05月 28日

夜が明けてどすんと屋根の雪が落ち父の不在は四日目となる

d0021306_822404.jpg





夜が明けてどすんと屋根の雪が落ち父の不在は四日目となる
(新井蜜)
[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-28 08:22
2017年 05月 27日

「自分とはなにか?」という命題につきものの古典的なパラドックス…「私性」に関連して

短歌における「私性」を考える際に次のようなことも考えるべきだろう。

村上春樹『スプートニクの恋人』(講談社文庫)より引用

 しかし自分について語ろうとするとき、ぼくは常に軽い混乱に巻き込まれることになる。「自分とはなにか?」という命題につきものの古典的なパラドックスに足をとられてしまうわけだ。つまり純粋な情報量から言えば、ぼく以上にぼくについての多くを語ることのできる人間は、この世界のどこにもいない。しかしぼくが自分自身について語るとき、そこで語られるぼくは必然的に、語り手としてのぼくによってーーその価値観や、感覚の尺度や、観察者としての能力や、様々な現実的利害によってーー取捨選択され、規定され、切り取られていることになる。とすれば、そこに語られている「ぼく」の姿にどれほどの客観的真実があるのだろう?ぼくにはそれが非常に気にかかる。というか、昔から一貫して気にかかってきた。
(引用終わり)

短歌の作者も同じ問題を抱えていることを意識すべきだろう。
(新井蜜)
[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-27 22:52
2017年 05月 27日

黒き川、鳥と魚(うを)とを抱へつつ夢のごとくに枯野を走る

d0021306_15164936.jpg





黒き川、鳥と魚(うを)とを抱へつつ夢のごとくに枯野を走る
(新井蜜)
[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-27 15:16
2017年 05月 27日

金色の陽が落ちた朝教室にわたしを待つて蛇が寝てゐる

d0021306_10103198.jpg





金色の陽が落ちた朝教室にわたしを待つて蛇が寝てゐる
(新井蜜)
[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-27 10:10
2017年 05月 26日

秋の日は沈まむとしてためらへりある傷口のやうに目に沁む

d0021306_19174741.jpg





秋の日は沈まむとしてためらへりある傷口のやうに目に沁む
(新井蜜)
[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-26 19:17
2017年 05月 26日

虫たちもほの白みゆく岬にて心に決めた気配があつた

d0021306_9212651.jpg





虫たちもほの白みゆく岬にて心に決めた気配があつた
(新井蜜)
[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-26 09:21
2017年 05月 25日

青空の向かう側から呼んでゐるこちらに来いとわたしの声が

d0021306_2232875.jpg





青空の向かう側から呼んでゐるこちらに来いとわたしの声が
(新井蜜)
[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-25 22:03
2017年 05月 25日

「日々のクオリア」で取り上げて頂きました。

砂子屋書房の「日々のクオリア」
http://sunagoya.com/tanka/?p=16816
で光森裕樹さんに5月24日、私の歌を取り上げて頂きました。


(新井蜜)

[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-25 09:09
2017年 05月 24日

三輪山に帰るあなたに結ぶ糸たどりてゆけり雪つもる道

d0021306_22592723.jpg





三輪山に帰るあなたに結ぶ糸たどりてゆけり雪つもる道
(新井蜜)
[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-24 22:59
2017年 05月 24日

苦艾(チェルノブイリ)について

拝啓時下煉獄の候 わかくさの苦艾【チェルノブイリ】も炎えあがるべく 塚本邦雄

文春新書の『新約聖書 II』を読んだところ、佐藤優氏の「ヨハネの黙示録」の解説に興味深いことが書かれていた。

先に「ヨハネの黙示録」の8-10, 11を引用する。
「第三の天使がラッパを吹いた。すると、松明【たいまつ】のように燃えている大きな星が、天から落ちて来て、川という川の三分の一と、その水源の上に落ちた。この星の名は「苦よもぎ」といい、水の三分の一が苦よもぎのように苦くなって、そのために多くの人が死んだ。」

興味深いのは佐藤氏の解説のつぎの部分だ。なお、ロシア語で「にがよもぎ」のことをチェルノブイリと言うのだそうだ。
「ロシア語の聖書では、「にがよもぎ」には「ポルィヌィ」という単語があてられているが、ロシア人(ロシア語を解するウクライナ人、ベラルーシ人、ラトビア人なども含む)は、チェルノブイリという地名を聞けば、「ヨハネの黙示録」のこの箇所を思い浮かべる。天から落ちてくる燃えるような星が、臨界事故と重なる。その星の名前はチェルノブイリで、付近の川が汚染され、多くの人が死ぬ。ソ連帝国が破滅に向かって進んでいくという終末論的雰囲気が社会に広がっていった。」

つまり、チェルノブイリの原発事故を黙示録が現実化したものと捉えた人がいたということだ。

冒頭の塚本の歌は、「煉獄」や「炎えあがるべく」という用語のほかに「苦艾」に「チェルノブイリ」とルビが振ってあることから判断して、明らかに苦艾・チェルノブイリ・原発事故という連関を意識した上で詠まれた歌だと思う。ちなみにチェルノブイリの原発事故は1986年、塚本邦雄のこの歌が含まれている『魔王』という歌集は1993年に出版されている。
塚本邦雄は聖書に造詣が深かったそうなので、この歌を詠んだときに、「ヨハネの黙示録」の上の引用部分を意識していたと想像される。「煉獄」という言葉は黙示録的でもある。


(新井蜜)
[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-24 15:00
2017年 05月 23日

眠るふりしてゐた花が匂ひ出す帰るあなたを引き留めたくて

d0021306_116154.jpg





眠るふりしてゐた花が匂ひ出す帰るあなたを引き留めたくて
(新井蜜)
[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-23 11:06
2017年 05月 22日

押しよせる数かぎりない感情をわたしは水に流せはしない

d0021306_19561876.jpg





押しよせる数かぎりない感情をわたしは水に流せはしない
(新井蜜)
[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-22 19:56
2017年 05月 22日

落ちてきた土星のやうな朝だつた手紙を書いて出さずに捨てる

d0021306_6212729.jpg

落ちてきた土星のやうな朝だつた手紙を書いて出さずに捨てる
(新井蜜)
[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-22 06:21
2017年 05月 21日

降りつづく雨を見ながら聴いてゐる乾いた音のジェリー・ガルシア

d0021306_1544980.jpg





降りつづく雨を見ながら聴いてゐる乾いた音のジェリー・ガルシア
(新井蜜)
[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-21 15:44
2017年 05月 21日

県境を越えてゆきたるニット帽は胸に赤子を抱へてゐたり

d0021306_11295116.jpg




県境を越えてゆきたるニット帽は胸に赤子を抱へてゐたり

(新井蜜)
[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-21 11:29
2017年 05月 20日

「塔」五月号 若葉集 山下洋選歌欄 十首選

うろこ雲西へとなびき果たてには妹ねむる大地のあるを  坪井睦彦

夕食を一人で食べることに慣れすぎた者たちが集う昼食  山口 蓮

たつぷりと根菜を煮る夕暮れに帰つて来ないこどもがひとり  岡部かずみ

伊予柑を剥きゆくはやさ にんげんの殊にをみなの指うつくしき  有櫛由之

日のあたる枯野がつづく湖西線つぎ無人駅と車掌が告げる  臼井 均

デパートの人形売り場に金髪の雛並びいてしばし見つめる  倉成悦子

城山(しろやま)を白く隠して近付ける雨足強く足もとを打つ  山内恵子

管理者兼管理責任者の重みより名刺の写真に納得いかず  八木佐織

幸せのかたちは見えにくいけれどティッシュを取れば最後の一枚  魚谷真梨子

枕元でいつも縫い物してた母 エプロンの端を持って寝た吾  水岩 瞳


(新井蜜)
[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-20 23:09
2017年 05月 20日

「塔」五月号 三井修選歌欄 十首選

やは肌の白蕪うすくうすく切りガラスの皿に丸く並ぶる  丸山真理子

改修の済みたるトイレはずかしくしばらく別のフロアを使う  山名聡美

するするとこぼれ落ちゆくものが有りあなたを自由にしてあげましょう  伊坂恵美子

豚汁と芋煮の違いを問われれば「気の持ちようだ」と言うほかはない  佐藤涼子

母の胸に乳呑む嬰の無心にも似て吾が手料理を食みゐる夫  道満光子

雪分けて掘りし大根持ちきたる夫とのランチはおろしそばにせむ  中橋睦美

ガラスの靴をシンデレラはわざと残したという人もいて婚活というは  中山惠子

家の中妻の痕跡消してゆく長い髪の毛使いさし口紅(ルージュ)  根石英生

四人子の家あり並ぶ自転車はだんだん大人になってゆきたり  ひじり純子

刈られゆく髪が首すじ通るときこんな別れもあった気がした  吉井敏郎


(新井蜜)
[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-20 19:58
2017年 05月 20日

「塔」五月号 小林幸子選歌欄 十首選

鳥の絵をならべたるデイサービスに極彩色の一枚があり  吉田 典


巻貝を辺野古の浜に拾ひ来て目を逸らさじと食卓に置く  繁田達子


寝坊した朝の信号 救急車が静かに青を待っていて 晴れ  山川仁帆


癒ゆるとはたとえば慣れてゆくこともひとつと思い寒の月見上ぐ  黒木浩子


テーブルに萎れはじめたスウィートピーだからミルクティーにシナモンを少々  赤嶺こころ


歌会終へ家事する我になる前の大橋の途(みち)を染める夕焼け  猪俣文惠


初詣に意外と長きお願ひをしてをり今年四十の長女  北島邦夫


亡妻(つま)などは吾がすぐ傍にいる事ありどこかに抜け道あるのかもしれぬ  二貝 芳


美しき指の女はゆで卵の殻を上手にむきつつ話す  深井克彦


色あせしベンガラ格子丹波橋のみぎてに見ゆる下宿にありき  竹尾由美子



(新井蜜)


[PR]

# by TrentonRowley | 2017-05-20 11:47
2017年 05月 19日

「塔」五月号 永田淳選歌欄 十首選

徒歩二分ポストが新たにつくられて友達一人できたやうです  古賀公子


葬列がゆくりとアパート出でてゆく 自転車置き場の冷えたる鉄管  河村壽仁


まどろめば山高帽に鳶着た父がほほえむ 忘れていたに  菊池秋光


夕暮れの公衆電話はひとり住む田舎の母の姿と思う  斉藤わこ


関税庫のあいだから見る黒い海 海保の船が無言で泊まる  中山大三


独り棲み豆まき無縁のわが部屋に追われし鬼らがあまた顕(た)ちたり  西村美智子


小菫の白花の咲く路地裏を私は知つてゐる 誰にも言はない  与儀典子


やうやつと風邪が身体を抜けてゆくはげしく春の雨降るあした  越智ひとみ


春の海青いひかりを手放して魚群の血液重たくさせる  池田行謙


いつからか世界は壊れかけていて殉教者よりスパイになりたい  山梨寿子



(新井蜜)


[PR]

# by TrentonRowley | 2017-05-19 15:59
2017年 05月 18日

「塔」五月号 江戸雪選歌欄 十首選

マンホールに「あめ」や「おすい」と書かれゐてさびしく流るる水音きこゆ  江原幹子

夕暮れを待ちわぶる子らの声高く鎮守の杜にワラ鉄砲集ふ  川島 信

湯上りの初の黒髪なでたれば乳の匂の微にただよう  隈元三枝子

ふうらりとただふうらりと寄ってみただけの深夜のセブンイレブン  坂下俊郎

素疾くも嗅ぎつけるごと救急車の我が家戸口にぴたり寄せ来ぬ  内藤幸雄

父母のひそひそ話を襖ごしにじっと聴いてた少年の日の夜  長野 晃

寒ければ働きなさいと母言いきそは真実と思い寝ており  松浦わか子

子どもなどいない一画夜十時声をひそめてふたり豆撒く 𠮷田京子

真っ暗な(それでも朝の)空に月 指差せば指先が冷たい  鈴木晴香

カーテンに朝の陽さして春立てばパタリと返す玉子焼かな  福田恭子


(新井蜜)

[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-18 16:40
2017年 05月 17日

「塔」五月号 永田和宏選歌欄 十首選

冬晴れの道に出会へばこの草の名前はわたしが決めると決める  高橋ひろ子

ただ青く海が広がるそれだけを内陸育ちの三人が見る  山﨑大樹

産まれ出て七年経てば赤ちゃんは隣席の子に告白もする  矢澤麻子

肋骨に奇形あり害はなしと知り帰りに買う軟骨のからあげ  森永理恵

ぱつぱつとてのひら広げ巫女たちも豆まきにけり正殿を背に  篠野 京

おだやかで頑固な父が隊長と呼ばれ介護士と歯みがきに立つ  倉谷節子

ラインにて囁く友の一文に「。」のなきこと至極気になる  近藤真啓

心病む母せつせつと語りし事本当であり嘘でもありし  清水かのん

駆け出せば足はいきなり水たまりばしやりと地球の底まで見えた  今井早苗

夕暮れを待ちて手にする花ばさみ元荒川の飛び石わたる  久川康子


(新井蜜)

[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-17 23:30
2017年 05月 16日

「塔」五月号 真中朋久選歌欄 十首選

気がつけば鬼はうしろに立っていた終わってほしくないかくれんぼ  紫野 春

わたしらは空からおりてきたのだと下栗の里は斜面を耕す  高原さやか

各々に伝え聞きたる叔父の戦死かたみに隠しいたりと祖父母は  三宅桂子

つぶやくがごとくに女神官の奏上終へて梅の香もどる  加藤 宙

水底に膝を抱へて潜みゐるをみな子のごと繊月かかる  安永 明

声小さく形ばかりの鬼やらいやめる理由の持ちあわせなく  有澤あい

じいちゃんのバイクの後ろ背中ごし時間(とき)が魔法のように流れる  五宝久充

次々と賞味期限の切れてゆき明るしひとり居の冷蔵庫  谷口美生

後手に腰まげ歩く君のあと真似して四才二才の続く  松竹洋子

毎号の「塔」の厚さの中ほどのあなたの歌を初めに探す  村上 明


(新井蜜)
[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-16 22:07
2017年 05月 16日

真夜中にみづ飲みにいくのはきらひ風が黄砂を運んでくるから

d0021306_20133317.jpg





真夜中にみづ飲みにいくのはきらひ風が黄砂を運んでくるから
(新井蜜)
[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-16 20:13
2017年 05月 15日

陽炎を身籠る前に投げ出され肉の感覚捨ててしまひぬ

d0021306_22554221.jpg





陽炎を身籠る前に投げ出され肉の感覚捨ててしまひぬ
(新井蜜)
[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-15 22:55
2017年 05月 14日

平城山に木槿が咲いて八月の遊びの果てはつづけられない

d0021306_17401174.jpg





平城山に木槿が咲いて八月の遊びの果てはつづけられない
(新井蜜)
[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-14 17:40
2017年 05月 14日

「塔」四月号 小林幸子選歌欄 十首選

都会的抒情はたとえば屋上であらたな階段に出会うこと  石松 佳

ジャカランダ伸びすぎたるを剪らねばと見上げる背中まだ逞しき  沼 寛子

言ひよどむ仕草のうちにわれはいま他人であると気づかされたり  濱松哲朗

職業に主婦と書くこと折々に考えながら自転車を漕ぐ  石井暁子

「親父はもういないんだよ」繰りかえし弟は言う繊月の晩  奥山ひろ美

あれからはいろんなことがあったんだお墓の中は静かだと思う  長田尚子

始めあれば何時か終りが来るものぞ嵌め殺しの窓に灯り点かざり  鈴木美代子

母さんのアイシャドーのさみどりが子どもの頃好きだつたと告げらる  俵田ミツル

さみしいと会ひたる後のさみしさをはひ上がるやうに坂道登る  澤﨑光子

菠薐草畑の前のバス通り渡らんとして虹に会ひたり  大田眞澄



🌈(新井蜜)
[PR]

# by trentonrowley | 2017-05-14 11:32