暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 17日

「塔」五月号 永田和宏選歌欄 十首選

冬晴れの道に出会へばこの草の名前はわたしが決めると決める  高橋ひろ子

ただ青く海が広がるそれだけを内陸育ちの三人が見る  山﨑大樹

産まれ出て七年経てば赤ちゃんは隣席の子に告白もする  矢澤麻子

肋骨に奇形あり害はなしと知り帰りに買う軟骨のからあげ  森永理恵

ぱつぱつとてのひら広げ巫女たちも豆まきにけり正殿を背に  篠野 京

おだやかで頑固な父が隊長と呼ばれ介護士と歯みがきに立つ  倉谷節子

ラインにて囁く友の一文に「。」のなきこと至極気になる  近藤真啓

心病む母せつせつと語りし事本当であり嘘でもありし  清水かのん

駆け出せば足はいきなり水たまりばしやりと地球の底まで見えた  今井早苗

夕暮れを待ちて手にする花ばさみ元荒川の飛び石わたる  久川康子


(新井蜜)

[PR]

by trentonrowley | 2017-05-17 23:30 | 十首選 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「塔」五月号 江戸雪選歌欄 十首選      「塔」五月号 真中朋久選歌欄 十首選 >>