暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 19日

「塔」五月号 永田淳選歌欄 十首選

徒歩二分ポストが新たにつくられて友達一人できたやうです  古賀公子


葬列がゆくりとアパート出でてゆく 自転車置き場の冷えたる鉄管  河村壽仁


まどろめば山高帽に鳶着た父がほほえむ 忘れていたに  菊池秋光


夕暮れの公衆電話はひとり住む田舎の母の姿と思う  斉藤わこ


関税庫のあいだから見る黒い海 海保の船が無言で泊まる  中山大三


独り棲み豆まき無縁のわが部屋に追われし鬼らがあまた顕(た)ちたり  西村美智子


小菫の白花の咲く路地裏を私は知つてゐる 誰にも言はない  与儀典子


やうやつと風邪が身体を抜けてゆくはげしく春の雨降るあした  越智ひとみ


春の海青いひかりを手放して魚群の血液重たくさせる  池田行謙


いつからか世界は壊れかけていて殉教者よりスパイになりたい  山梨寿子



(新井蜜)


[PR]

by TrentonRowley | 2017-05-19 15:59


<< 「塔」五月号 小林幸子選歌欄 十首選      「塔」五月号 江戸雪選歌欄 十首選 >>