暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 18日

「塔」六月号 永田淳選歌欄 十首選

片頰の照り消えずあり少年の押すゆきだるま幾度も止まる  篠原廣己

ひさびさにスクランブル交差点渡りつつ斜めにゆけば何かが目覚む  相澤豊子

「学校注意」の道路標示に月が差す学校はまだできてないけど  逢坂みずき

たれとても小さな傷を負へるごと火のいろの前に人は幼し  加藤和子

出かけしな「いってらっしゃい」と声かけたナカジマくんが戻るといない  清水かおる

左右別ハイソックスのガラ違う今はこうなのドウドウと行く  山本良子

気持ち悪い深読みをする女だとひとを思えばその友のわれ  吉岡みれい

浮気相手が女なら怒らぬかと夫に訊けば苦笑いして答えぬ夜だ  吉岡みれい

あまくちのカレーにソースかけ食めば祖母のライスカレーに似たれり  岩﨑雅子

花束は最終列車の網棚にこのまま揺られ揺られゆくべし  小林貴文


(新井蜜)
[PR]

by trentonrowley | 2017-06-18 22:52 | 十首選 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 夏柑の枝を下ろせる長身の男は去...      あをさぎは水の温める河床に便り... >>