暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 20日

「塔」六月号 三井修選歌欄 十首選

街角でこまつしやくれた魔女と読む『飛ぶ教室』はなかなか飛ばない  木村珊瑚

制服のボタンは今も効くらしく一つだけ残し次男帰宅す  荒木みのり

くりかへしご遠慮くださいと聞かされるプラネタリウム内での授乳  伊藤京子

星見えぬ今宵の空に高く高くこの世の蓋たる月の輝く  大橋由宜

朝食のコッペパンの中に時折あり。秋原の上司からの秘密の指令書  河村壽仁

うぐいすの初音をききつつ今つみしひじきを庭に乾してゆきたり  小谷栄子

走りゆく梅の花びらひとつずつ犬は追っかけ匂いを嗅げり  鈴木晶子

病院が恋しいと泣く人といて剥かれるための指のささくれ  花麒麟陰朗

銃口が向けられている心地して窓の桜は静かに散れり  深井克彦

ねむる間もどこか触れてる母と子に二歳の冬が過ぎてゆくなり  林 雍子


(新井蜜)
[PR]

by trentonrowley | 2017-06-20 22:11 | 十首選 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「塔」六月号 山下洋選歌欄 十首選      「塔」六月号 小林幸子選歌欄 十首選 >>