暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 12日

「塔」七月号 栗木京子選歌欄 十首選

自死と言ふ言葉を知りし十二歳さくらの季(とき)を今でも厭ふ  古賀公子

ばらばらになりたる夢の一片を捕えんとして手を延ばしいつ  新井さの

頭を垂れて合掌せし時わが身よりいらぬ力の抜けてゆきたり  澤﨑光子

桜咲き死にたい病にかかりたり卵かけ御飯しても治らず  田巻幸生

何もかも終わりだ という日があれど水面に浮かぶ花びらのごと耐う  沼波明美

長き橋ひとりで渡る夜の間に わたしの姿を見失ひたり  向井和子

「あの時は」の枕詞でそれぞれの夜の深さを分かちあう春  長月 優

五年間ひそかにためしホチキスの針をまひるに捨ててしまいぬ  山名聡美

説明は言い訳として処理されて晴れてがんばらない人となる  紫野 春

密談を交はすかたちに寄り添つて駝鳥不思議なまばたきをせり  有櫛由之


(新井蜜)
[PR]

by trentonrowley | 2017-07-12 19:37 | 十首選 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「塔」七月号 真中朋久選歌欄 十首選      走りつつ路面を嗅いで冬の犬が俺... >>