暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 20日

「塔」七月号 月集 十首選

剝がしたき思ひに見つむ垂直に幹をのぼれる繊きほそき蔓  花山多佳子

人住まぬ家の仏間に赤錆びの脇差はあり抜き身のままに  三井 修

菜の花とじゃこのパスタを食べながらあなたは語る気圧の変化  松村政直

手の甲をわれに抓ませ富士山と言わせてくれた祖母遠きかな  藤井マサミ

信じるもの匿さねば生きられぬ世キリシタン禁制の時代のみには非ず  黒住嘉輝

真昼間の日ざしの中を歩むとき先だつ杖に濃き影のあり  小石 薫

一歳の子らのなかから抱き上げる吾子を作物収穫のごと  澤村斉美

拗ねる子が私のようでもう面倒くさい奴(やっちゃ)なと抱き上げ帰る  永田 紅

しげ丸という犬友だちと会えなくてとぼとぼ帰るれんげを見つつ  なみの亜子

駅ナカのカフェの壁ぎは高椅子に座れば脛より街にさらさる  万造寺ようこ


(新井蜜)
[PR]

by trentonrowley | 2017-07-20 16:14 | 十首選 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 水飲み場に前足をかけ噴水の水飲...      「塔」七月号 池本一郎選歌欄 十首選 >>