暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 29日

4-6 琴線に触れる写し絵耳元の鳴く亀の顔立ち乱れゆく

4-6 琴線に触れる写し絵耳元の鳴く亀の顔立ち乱れゆく

夕庭の牛の匂ひも累積し救済だつた夏の終りに

うちあけた歪みたくない飛んだのはあつくなつても生きざまだから

(新井蜜)
[PR]

by trentonrowley | 2017-07-29 10:27 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 大空に浮かぶ真白き背中からした...      薄青き顔を隠さむ黒南風が誘ひわ... >>