暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 19日

「塔」九月号 池本一郎選歌欄 十首選

「塔」九月号 池本一郎選歌欄 十首選

よく熟れた月を見てゐる硝子戸にをさなの指は熱くありたり  清水弘子

懸垂の練習をする少女ありゆふべのベンチに犬をつないで  立川目陽子

二度人にぶつかりてのち人波にさからい歩むわれと気づきぬ  天野和子

ゆっくりと一枚一枚制服を着るには着たが 座り、目を閉ず  宇梶晶子

誰も誰ももはや何にも言はぬからひつそり皮むき枇杷食べてゐる  筑井悦子

手を延べて捥いで下さい枇杷の木が空の近くに実をつけたから  林 芳子

ミサイルの飛んでゐる空蒼ふかし 鳥になりたい児とながめをり  渡辺美穂子

小綬鶏の幼鳥二羽が径よぎる春は無防備のもの多くあり  首藤よしえ

菊の香に抱かれ棺に眠る母通夜の客らの物食ふ音す  郡山紀男

りすのやうな茶色が庭を走り抜けひめつるそばの花のゆれゐる  工藤博子


(新井蜜)
[PR]

by trentonrowley | 2017-09-19 17:25 | 十首選 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「塔」九月号 松村正直選歌欄 十首選      「塔」九月号 若葉集 小林幸子... >>