暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 16日

「塔」十月号 月集 十首選

「塔」十月号 月集 十首選

次々と口より釘をたぐり出す大工を怖れき幼き日には  三井 修

濁流にながされてのち横たわる冷蔵庫あり半ば埋もれて  松村正直

湯を吐くをやめて久しき獅子の口湯槽の奥に白く乾けり  黒住嘉輝

離合待つ口羽の駅におりたちて水張田みたす夕映えに遇う  上條節子

わづか残るページを閉ぢて制服の少女はひらりと降りてゆきたり  上杉和子

「ダイジョウブ」とはかまふなのこと十七歳白い帽子を目深く被り  酒井久美子

髪分けてうさぎの耳にくくる子は跳ねて半日野に遊びおり  土屋千鶴

口が勝手に暴言を吐き遅れ遅れに脳は吐かれた言葉におどろく  なみの亜子

鶏のこえの聞こえていたる夢われは屋久島にいるごとく覚む  藤江嘉子

テラスまで蔦の繁りし喫茶店閉ぢたるままに夏はめぐれり  万造寺ようこ


(新井蜜)
[PR]

by trentonrowley | 2017-10-16 22:06 | 十首選 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 砂漠にてくらく沈みて待ちたれば...      贈られし酸い葡萄酒を飲み干せり... >>