暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 20日

「塔」十一月号 花山多佳子選歌欄 十首選

「塔」十一月号 花山多佳子選歌欄 十首選

仁王立ちせる先生の赤き耳に小さき兎のピアスが光る  川田果弧

またひとり登場人物あらわれて騙し絵のような身の上話  吉田 典

討ち死にのごとくにも見ゆたふれたる墓石のこりて二度めの盆来る  森永絹子

注ぎおきし湯呑みのお茶に浮かびいる微小な虫を楊枝で掬う  井上孝治

ホームまで運んでくれた旅行かばん抱えて夜の電車で泣いた  逢坂みずき

濡れ縁という語のどこかさびしくて世界のふちのような静けさ  小松 岬

期待される色よい返事ができぬゆえ静かにバターナイフを反(かえ)す  福西直美

小鳥かと眼こらせば漆黑大き揚羽が陽を負いてくる  今井眞知子

弟をおんぶしてゐた背がぬくい香供へつつふと振りかへる  進藤サダ子

急激に深くなりたる海底が言うあんたの来るところじゃないよと  太田愛葉


(新井蜜)
[PR]

by trentonrowley | 2017-11-20 16:26 | 十首選 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「塔」十一月号 江戸雪選歌欄 十首選      「塔」十一月号 池本一郎選歌欄... >>