暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 31日

2007年5月

終電に獏の車掌が乗ってくる御堂筋線動物園前
夕立に濡れてしまって乾かないバージンロードをあなたと歩く
村々の火の見櫓の半鐘が打ち鳴らされる侵犯の日
打ち返す地球の呼吸する音を母の背中で聞いたこの浜
一切の関係を断ち人混みに紛れて暮らすいつも見る夢
乾杯のグラスを合わすそのたびに濃くなっていく海の青色
潜ってはまた浮かびくる水鳥の脳裏の父や母の山川
青年の食欲や良しわれはただ黙ってじっと見ているばかり
潜ってはまた浮かびくる水鳥の脳裏の父や母の山川
ひらがなのなまえをかいたてのひらをみずにひたしてひにあててみる
右足で大阪城を踏みつぶし生駒の山をまたいで帰る
ロンドンでロングブーツを買った日にきみと出会った 無論振られた
教壇に立ちて数えしくちびるのひとつひとつにキスする時間
満席のスターバックスこんこんと眠る少女と情死する夢
よろよろと今立ち上がる黒いピアノ若鹿が産み終えたばかりの
両の手の指を合わせてあごを乗せ友の話にうなづく少女
隣席の少女と少女見つめ合いストローすすっているくちびる
満席のスターバックス教科書の上にうつ伏せ少女が眠る
浪速なるかに道楽の前に立ちアジアの風に吹かれていたり
[PR]

by trentonrowley | 2007-05-31 23:59
2007年 05月 31日

068:杉 (新井蜜)

杉様はサンバなんかは踊らないこんなに晴れた空の下でも
[PR]

by trentonrowley | 2007-05-31 16:26 | 題詠100首2007
2007年 05月 30日

都市伝説

終電に獏の車掌が乗ってくる御堂筋線動物園前
満席のはずの終バス振り向けば白い光が満ちているだけ
自社ビルの鬼門を潜り今宵また百鬼に加わる喜寿の会長
携帯の電波に乗せて若者の生殖能力奪うウィルス
さ緑のオフィスの街を小走りに印籠探す黄門が行く
富士山を切り取り上下を逆にしてスッポリ納める浜名湖の鞘
降り止まず堀の深みを埋め尽くしなお降り積もる桜花かな
議事堂の奥に眠れる双頭の龍の目覚めの前の身じろぎ
西口でお前に投げた敷石の破片が今朝は背後より降る
自販機にコイン入れれば三分間あなたも買える春の悦楽
[PR]

by trentonrowley | 2007-05-30 18:07
2007年 05月 27日

067:夕立 (新井蜜)

夕立に濡れてしまって乾かないバージンロードをあなたと歩く
[PR]

by trentonrowley | 2007-05-27 20:31 | 題詠100首2007
2007年 05月 22日

青い配達夫

さ緑のオフィスの街を小走りに台車押し来る青い配達夫
[PR]

by trentonrowley | 2007-05-22 19:02
2007年 05月 13日

青年

青年の食欲や良しわれはただ黙してじっと見ているばかり
[PR]

by trentonrowley | 2007-05-13 23:47
2007年 05月 13日

水鳥

潜ってはまた浮かびくる水鳥の脳裏の父や母の山川
[PR]

by trentonrowley | 2007-05-13 21:49
2007年 05月 13日

066:切 (新井蜜)

一切の関係を断ち人混みに紛れて暮らすいつも見る夢
[PR]

by trentonrowley | 2007-05-13 16:49 | 題詠100首2007
2007年 05月 08日

065:大阪 (新井蜜)

右足で大阪城を踏みつぶし生駒の山をまたいで帰る
[PR]

by trentonrowley | 2007-05-08 20:35 | 題詠100首2007
2007年 05月 07日

064:ピアノ (新井蜜)

よろよろと今立ち上がる黒いピアノ若鹿が産み終えたばかりの
[PR]

by trentonrowley | 2007-05-07 19:06 | 題詠100首2007