暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 30日

2008年6月

「早いね」と言えばキラキラきらめいて「夏への扉開けたとこなの」
おやすみを言わず別れてひとり居る夜更けの窓に繁き雨音
あぜ道を勇んで行けばリヤカーの荷台に乗ったきみはよそ向く
シャッターが軒並み降りた地下街を裸足の女が走り過ぎてく
訴える声は小さく街上の音に紛れて耳に届かず
複雑なことは嫌いだぐっすりと朝まで寝たい夏至のみじか夜
コリコリと歯応えのある鯛焼きのしっぽを食べるひとりの部屋で
沈黙を続けたせいで話そうとしても言葉が出ない出てこぬ
俺たちはあなたの周り回ってる笑顔の放つ光もとめて
生い立ちを語るあなたの肌白く嘘かも知れぬと思いつつ聞く
渇いてるひとの集まるドトールの大テーブルで香川ヒサ読む
驟雨去り路側に伸びる夏草の穂をたわませる雨の粒々
道端で拾ったメダル五百円硬貨のように見えたが違う
減らず口たたく弟置き去りに列車はとうに発車しちゃった
錯覚でないこと願う 山の端の夕日はいつも赤く大きい
天使2に天使1から手紙きてあした天気になったら会おう
雨よ降れ恵みの雨よこの土地もこの俺もまた浸されるまで
うがいする男がひとり朝靄の街に向かいて喉(のみど)見せたり
つまらないことで諍う青色の地球の上に雲がのの字に
居眠りし名古屋を過ぎて目が覚めるこのままずっと走れ止まらず
[PR]

by trentonrowley | 2008-06-30 23:59
2008年 06月 30日

塔e歌会2008年6月 詠草

「早いね」と言えばキラキラきらめいて「夏への扉開けたとこなの」
[PR]

by trentonrowley | 2008-06-30 23:26 |
2008年 06月 22日

完走報告 (新井蜜)

完走しました。
[PR]

by trentonrowley | 2008-06-22 21:37
2008年 06月 22日

100:おやすみ (新井蜜)

おやすみを言わず別れてひとり居る夜更けの窓に繁き雨音
[PR]

by trentonrowley | 2008-06-22 21:24
2008年 06月 22日

099:勇 (新井蜜)

あぜ道を勇んで行けばリヤカーの荷台に乗ったきみはよそ向く
[PR]

by trentonrowley | 2008-06-22 21:22
2008年 06月 22日

098:地下 (新井蜜)

シャッターが軒並み降りた地下街を裸足の女が走り過ぎてく
[PR]

by trentonrowley | 2008-06-22 21:12
2008年 06月 22日

097:訴 (新井蜜)

訴える声は小さく街上の音に紛れて耳に届かず
[PR]

by trentonrowley | 2008-06-22 21:08
2008年 06月 22日

096:複 (新井蜜)

複雑なことは嫌いだぐっすりと朝まで寝たい夏至のみじか夜
[PR]

by trentonrowley | 2008-06-22 21:06
2008年 06月 22日

095:しっぽ (新井蜜)

コリコリと歯応えのある鯛焼きのしっぽを食べるひとりの部屋で
[PR]

by trentonrowley | 2008-06-22 20:58
2008年 06月 22日

094:沈黙 (新井蜜)

沈黙を続けたせいで話そうとしても言葉が出ない出てこぬ
[PR]

by trentonrowley | 2008-06-22 20:56