暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2009年 03月 31日

2009年3月

呼び出され駆け出していく線路越え君だったんだ僕ではなくて
物置の穴から響くクリックとトムチットトットの高笑い声
明け方にひろいあつめたほしくずを給食係が僕らにくばる
春雨にぬれて闇夜をおちていくわさび色したあなたの下着
網棚に置き忘れられ食べ掛けの幕の内弁当は干からぶ
校庭の日照りの夏の蛇口から常識だけがこぼれ落ちくる
帰国まえもう一度だけ会いに行く夜警のきみを忘れられずに
梅がまだ満開でない三月の最初の休みまた鹿に逢う
選ばれた者たちの朝 兄さんはソムリエだった蜂起の前は
冷静に話し合えない人がいて災いとまでは言わないけれど
感情の干満或いは満ち欠けに言い訳をせず受け入れるのみ
若鹿の造反有理年ふればこの縄張の内に囲われ
夕顔はひそやかに咲き待っている妊娠線を越えたあたりで
忘れたと言い張る姉が夢にみる首を掻かれた父親の顔
うそ寒いひかりのもとで三月の別れの式は開かれぬまま
年収に満足できず足してみるアドレス帳に書かれた数字
かんからにろうそくをつけ転がせば縁側に蝋のにおいこもるも
耐えられず世界を消したくなったなら魔法の砂をふりかけなさい
春の宵熱おびひかるきみの名に丸く小さな済の印捺す
怪しげな夢見て過ごす引退を目前にしたこのゆるい日々

三月のうさぎの紅い目がうるみつなぐ手をふりほどく僕たち
ピクピクと手に残るのは質として切り捨てられたヤモリの尻尾
雷鳥が横切っていく加賀平野なみだは棘を流してくれる
すれ違う人は真白い息をはく敷石の街あさに歩けば
霧雨にけむる北国街道を行けばうとうと明日を忘れる
金沢の駅の立ち食いうどん食い眼鏡が曇る今日の幸先
困惑の景色は飛んでかさぶたは過失のごとく剥がれて落ちる
青黒いあの山並を越えゆけば海に夕日が浮かんでいるはず
呼び出され駆け出していく雨の中きみだったんだ僕ではなくて
ぶり返す寒さの朝の光受け歩道に倒れている自転車
敦賀よりトンネルを抜け雪国の白い狐に迎えられたり
鹿に逢うまえにうかんだ泡粒のような楽想かきとめなくっちゃ
[PR]

by trentonrowley | 2009-03-31 17:38 | Comments(0)
2009年 03月 31日

塔e歌会2009年3月詠草

鹿に逢うまえにうかんだ泡粒のような楽想かきとめなくっちゃ
[PR]

by trentonrowley | 2009-03-31 10:38 | | Comments(0)
2009年 03月 31日

046:常識 (新井蜜)

校庭の日照りの夏の蛇口から常識だけがこぼれ落ちくる
[PR]

by trentonrowley | 2009-03-31 10:30 | Comments(0)
2009年 03月 30日

045:幕 (新井蜜)

網棚に置き忘れられ食べ掛けの幕の内弁当は干からぶ
[PR]

by trentonrowley | 2009-03-30 09:01 | Comments(0)
2009年 03月 28日

044:わさび (新井蜜)

春雨にぬれて闇夜をおちていくわさび色したあなたの下着
[PR]

by trentonrowley | 2009-03-28 10:22 | Comments(0)
2009年 03月 27日

043:係 (新井蜜)

明け方にひろいあつめたほしくずを給食係が僕らにくばる
[PR]

by trentonrowley | 2009-03-27 13:40 | Comments(0)
2009年 03月 25日

042:クリック (新井蜜)

物置の穴から響くクリックとトムチットトットの高笑い声
[PR]

by trentonrowley | 2009-03-25 12:18 | Comments(0)
2009年 03月 24日

041:越 (新井蜜)

呼び出され駆け出していく線路越え君だったんだ僕ではなくて
[PR]

by trentonrowley | 2009-03-24 09:55 | Comments(0)
2009年 03月 23日

040:すみれ (新井蜜)

会いたくて天気雨ふる畦道のすみれの花をつまんでたべる
[PR]

by trentonrowley | 2009-03-23 17:42 | Comments(0)
2009年 03月 19日

039:広 (新井蜜)

海べりの小さな家の寝室で広島弁の睦言をいう
[PR]

by trentonrowley | 2009-03-19 10:21 | Comments(0)