<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2009年 11月 30日

2009年11月

集落に秋の陽は照り白蝶の群れとぶ野辺に人の子をらず
振り向くなあなたが前に進むから黒煙のなかついて行くのだ
涙に濡れてゐるやうなメール机に放り投げ雨戸をしめる
雲のない秋の日の午後洗濯は乾いて竿にぶらさがつてる
ホーチミンのホテルの部屋のタオル替ふメイド愛しも吾子のやうなり
段ボールきちんと積んだリヤカーを道脇に停め男は憩ふ
僕たちの源流として流れ来る黒潮のうへ飛んで帰りぬ
洗濯を取り込む僕の背後から声かけてくる買い物帰り
僕たちは布団を干した窓辺から八咫の烏を狙い打ちする
月光に追われ駆けてく僕たちの行く手に赤いものが立つてる
手をふつて足をふりあげ僕たちは秩序を保ち草刈りに行く
公園のベンチで食べる僕たちのシャケ弁当にたかる赤蟻
ゆでぐりに歯をたて皮を僕たちの下着のやうにつるりとむいた
火薬庫に近づいていく僕たちの帽子のつばを汚す小鳥ら
僕たちの気分と何か違つてるやうな気がして削除してみた
すぐに目をそらしてしまふ僕たちはハンバーガーを黙つて食べる
銀杏の匂ひがきらひ僕たちは一度も空を飛んだことない
乗り込んだバスは見知らぬ町をゆき月の出を振り返る僕たち
ひかりごけかもしれないね僕たちのほのめくとほい未来ではなく
僕たちの旅は夜明けに降る雨の、肩のしづくを払つてをはる
[PR]

by trentonrowley | 2009-11-30 23:59
2009年 11月 28日

塔e歌会2009年11月詠草

乗り込んだバスは見知らぬ町をゆき月の出を振り返る僕たち
[PR]

by trentonrowley | 2009-11-28 11:27 |
2009年 11月 02日

塔2009年11月投稿候補

アウといふ烏のやうな一声で眠りから覚め求め始める
銀河とぶ夢見るおんぶバッタらの頭上をいまし前線通過す
関ヶ原のぞみで往けば低き山を夕靄の白く包みつつあり
夫といふ定型はずれわたくしは崩れ流れるうみ柿のごと
ハイヒールのやうな足音聞こえきて我が家の前に立ち止まりたり
振り向けば虹かかりをり少女子は微笑み浮かべ歩みはじめぬ
サンタナのギターの音に導かれきみと歩いた道を遡行す
公園のベンチに白いワイシャツの男が頭抱えてをりぬ
帰宅する電車の窓の外側の闇に浮かんで本読む男
新月の夜に決まつてここでないどこかへ行つてしまふおまへは
[PR]

by trentonrowley | 2009-11-02 13:25 |