<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 30日

2010年10月

菜の花は秋には咲かぬ日が沈み月が東に昇つてきても
稲刈りの済んだたんぼの陽のなかで雲のかけらにくるまつて寝る
秋の日が気持ちいいから手をつなぐ空が青いしそよ風吹くし
穏やかな顔だつたのでいつの間に寝たのだろうかと思つたのだが
朝顔がまだ咲いてゐる目が覚めて元気だそうと窓を開ければ
自堕落なひと日が過ぎぬ真緑のみかん山から海を見下ろす
接吻の約束わすれ出て行つたあなたは四時を過ぎても帰らぬ
風邪なのかストレスなのか鼻水を啜りてやまぬ女と暮らす
寒い日に旅に出ること告げられて休みは取れないよと答へる
着る服がないから明日は勤めには行けないと言ひ俺の背たたく
眼鏡かけパンフレットにけちつけて図書館の司書みたいなあなた
強風のために列車は対岸の琵琶湖線ゆく湖西線避け
五十分遅れで着けば小松市を冷たき雨が濡らしてゐたり
最近は眠れるやうになつたからあなたの夢を何度も見れる
上司には話したくない 寒い日に旅に出ること休み取ること
隣国の一団が打つ小太鼓が平城京に乾いて響く
母からの荷物受け取りその箱で娘と孫にみかんを送る
押へねばあふれ出てくる血のやうな色のセーターの下のふくらみ
飛ばされた帽子のやうなきみが来て僕の背中をたたいて逃げた
明け方の寝室で聞く雨音のやうなあなたのまなざしに会ふ
(あの時は好きだつたなんて言はれても)雨の止まない奄美の島で
分かつてた冷たい返事気まぐれなこの秋の雨が舗道を濡らす
[PR]

by trentonrowley | 2010-10-30 20:18
2010年 10月 26日

Sustainable 短歌生活

”Sustainable 短歌生活”をモットーとしよう。
[PR]

by trentonrowley | 2010-10-26 22:16
2010年 10月 24日

トランスキッチン

『短歌研究』11月号に「新進気鋭の歌人たち」という特集があり、
九螺ささらの「トランスキッチン」という一連10首が載っていた。
最初の4首が気に入った。

ガスコンロ青い炎の立ち並びそうしたいならそうすればいい
偶然を固めたゼリーがふるえてるキンキンに冷えたスプーン差し込む
なぜだろう三十二日梨だけを食べているのに梨にならない
しがみつこうとすればすれほど振りほどかれ金平糖のように転がる
[PR]

by trentonrowley | 2010-10-24 16:05
2010年 10月 23日

俺の・好きな・塔の歌 2010年10月号

おばあちゃんのお部屋の窓はアサガオが咲いていいねと児が見上げいる (安原誠子)
ふたつきを君に会はざるこの夏の雲のかたちが変はり続ける (佐藤陽介)
おにぎりをあたためますかと聞いてくる店員の顔まともに見れず (西之原正明)
今日という日はずい分と前にもう終わった気がする梅雨の夕暮れ (丸本ふみ)

その時にわが質量の加担なきや地図の路線を指にてたどる (一宮雅子)
[PR]

by trentonrowley | 2010-10-23 14:48 |
2010年 10月 23日

俺の・好きな・塔の歌 2010年9月号

白旗をあげむとしつつどの布もくろぐろと墨のいろに濡れたる (真中朋久)
汗疹の「も」とは何ならむぬらぬらと藻をおもうなり眠りのまえに (吉川宏志)
子は急に話をやめて歩みゆく古き空家の前をゆくとき (松村正直)
泥濘に旗立ち並びしは幻日か濡れつつ楯なか進みしことも (酒井万奈)
体育のあとの乳房は白シャツのボタンの陰にほのか紅らむ (川本千栄)
ああさうだやつぱりわれは捨てたのだリノリウムの床光る老人ホーム (助野貴美子)
降りやまぬ雨などないと言うけれど濡れた体はまだ乾かない (西之原正明)

昨日着き人待つ渓の温泉に朝鳥聴けば泣きたくもあるか (水橋あかり)
夕暮れに目覚めた父が朝顔は幾つ咲いたと繰り返し問う (外輪清孝)
盛り過ぎし小手毬の花に手の触れてはらはら雪舞うさまに散りゆく (福井綾子)
ミンナが見てる前でキレイナヒトにボクだけ特別扱いされたい (吉岡昌俊)
一葉の顔のつぺりと不気味なれば五千円札さつさと使ふ (一宮雅子)
「この人には何を言つても赦される」さう思はせしおのれに怒る (梅田啓子)
降り出したことにも気付かずもとめあひて後聞こえくる雨の音 (國森久美子)
ひやうと打つ草矢のごとき揶揄うけて密かに知りぬきみの体調 (大谷睦雄)
重心が左に傾くがむしゃらに意地悪くしたくなる誰かに (松山真弓)
[PR]

by trentonrowley | 2010-10-23 14:37 |
2010年 10月 15日

塔2010年10月号掲載 <真中朋久選>

番号で呼ばれる日々もまうわづか 上がつてこない梅雨前線
アメリカがすべてであつたころ僕は世界の隅で全能だつた
病得て九十二歳の母さんは我に口伝す田螺の御告げ
かの家のふたござうるす会ひしより三年が過ぎぬ暴れをらむか
骨密度はかりに行つて母さんはどしや降りのなかとぼとぼ帰る
[PR]

by trentonrowley | 2010-10-15 20:52 |