暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 31日

2010年12月

利用するあてのないもの貯めこんで何年生きるつもりだ俺は
一歳の幼児が天秤棒かつぎふりまはしたり小春日和に
もうしきを膝にあて折り新聞に火をつけ竈へ放り込み燃す
際物のノキアの電話鳴る前に腕を伸ばせば震えてくれる
あれ、あれととぼけて両の手を伸ばしほんとのことに蓋をしておく
最後尾に並んだはずの伸びる列霞の彼方を振り返り見る
午前二時するどいオフロ!といふ声にめざめればきみは静かに眠る
夜が明けてどすんと屋根の雪が落ち父の不在は四日目となる
「日本人であるお前は毎日を何が大事とおもひ生きてる?」
「俺達は普通はフットブレーキをかけないんだよ駐車するとき」
三階の扉が開く三階は禁煙フロアと聞いたはずだが
ひよどりに今年の柿は食べられず概念として位置を占めてる
ひよどりは去年柿の実たべた木をさがすわたしが今年切つた木
柿の実をたべたくなつたひよどりがかきの木のうへで出会つたカラス
秋の日は雑木林と柿の実と俺の背中を温め落ちる

天井から生えてきた脚刈り取つて千本に切る包丁の音
伸びてきたトマトの苗に手が生つて赤いてのひらひらひらゆれる
青空が落ちてくる日もきみの手は翳りを見せず菜を摘むだらう
やつてくる群れを待ち受け息をとめ躍る体に照準あてる
噛みしめる牝鹿の肉微笑んで殺意をかくし捕へた鹿の
膝がしらぷつくりふくれ人知れず潜り込みたる小鬼隠るる
振り向けどまだ落ちてこぬカシオペア 不眠の夜の記憶失ふ
父と掘る穴は背丈を越えてゐて青空に鳴る暗い鈴の音
冬の陽の放射をあびて受精した私の卵(らん)が歌ひだすまで
年末に宇宙人専用車輌ができるといふネットの噂
[PR]

by trentonrowley | 2010-12-31 21:38 | Comments(0)
2010年 12月 27日

『葦舟』を読む その9

酢の色に昏れゆく谷間ひたひたと心は足を急かせてやまず (河野裕子)

どうして「心は足を急かせて」いるのだろうか?

子供の頃のことを思い出した。日の短くなった季節に家から少し離れたところ
で遊んでいて、夢中で遊んでいるうちにいつの間にかあたりが暗くなってしまっ
た。もう夕食の時間になっているかもしれない。帰りが遅くなるとしかられる
などと思いながら走って家に帰った。そのときの気持ちがこのような感じだっ
た。

この歌の場合はそんなことではないのだろう。「酢」とか「ひたひたと」から
なにか不吉な予感のようなものが感じられる。

「酢の色」は少量であれば無色透明のように思えるが、非常に薄い黄色、ある
いは若干黄緑色がかっているかもしれない。「酢の色に昏れゆく谷間」という
と、夕方の辺りの色の描写であるとともに、「酢」という酸っぱい感じ、更に
言えば、物が腐敗したときの酸っぱい臭いの感じが裏に張り付いているように
感じる。

下句「ひたひたと心は足を急かせてやまず」について、作中主体が実際に歩い
ていて心が足を急かせる状態と読んだが、「心は足を急かせてやまず」を暗喩
と取ることもできると思う。実際に歩いているわけではないが、(何かの連絡
を待っているときのような)気が急く状態をこのように表現したとも考えられ
る。たぶん、「心は」とあるためにそのように思わせるのだと思う。
[PR]

by trentonrowley | 2010-12-27 10:38 | 葦舟 | Comments(0)
2010年 12月 25日

ダイナマイトしゃかりきサーカス

d0021306_18544894.jpg

[PR]

by trentonrowley | 2010-12-25 18:54 | Comments(0)
2010年 12月 21日

『葦舟』を読む その8

あなたには何から話さうタカサブラウ月が出るにはまだ少しある (河野裕子)

7首目に続いてタカサブラウが出てきた。7首目では高三郎と漢字表記だった
が、この歌ではカタカナ表記だ。カタカナのほうが植物名という感じがする。

タカサブラウの花に屈みこんで何かを話そうということだろう。下句から夕方
であることが分かる。花に向かって話すということは尋常なことではないが、
稀有なことでもないと思う。実際に声を出さなくても話しかけることはできる
だろう。

「何から話さう」から色々なことが感じられる。今の状態に至った単純ではな
い経緯を話そうとしているように感じられる。話す順序を間違えると正しく伝
わらないような話に思える。時間のかかる話となるだろう。一回だけでは済ま
ないかも知れない。タカサブラウは日頃一緒にいないので、事情を分かってい
ないのだけれどタカサブラウに分かってもらいたい話のようだ。そのような
少々込み入った話であるが、聴いてもらい分かってほしいという間柄のようで
ある。他の存在に話を聴いてもらいたいという作中主体の気持ちが現されてい
るように思う。
[PR]

by trentonrowley | 2010-12-21 11:24 | 葦舟 | Comments(0)
2010年 12月 20日

『葦舟』を読む その7

欠けてゆく月の暗さはなつかしい 高三郎の花に跼めり (河野裕子)

「跼」の字が読めなかった。辞書で調べると、音読みは「キョク」で訓読みは
「しゃがむ。かがむ。」らしい。この歌の場合、結句は「かがめり」だろう。
「高三郎」も知らなかったが、調べてみるとあぜ道などでよく見かける草だっ
た。キク科らしい。

まだ人工的な明かりが少なかった頃の月の光はとても明るく感じたものだ。そ
のような頃には、満月の光と、欠けた月の光の明るさの違いが実感されたのだ
ろう。私自身は、満月と新月の明るさの違いは体感したが、月の欠け具合によ
る明るさの違いというものを意識した記憶はない。

高三郎は派手な花ではなく、それに月の暗さが並べられると、近代化以前の日
本という感じを受ける。
[PR]

by trentonrowley | 2010-12-20 14:52 | 葦舟 | Comments(0)
2010年 12月 18日

国道163号線

d0021306_1648446.jpg

[PR]

by trentonrowley | 2010-12-18 16:48 | Comments(0)
2010年 12月 18日

山田川

d0021306_15244753.jpg

[PR]

by trentonrowley | 2010-12-18 15:24 | Comments(0)
2010年 12月 17日

-

日本人であるお前は毎日を何が大事とおもひ生きてる?
[PR]

by trentonrowley | 2010-12-17 21:22 | Comments(1)
2010年 12月 16日

塔2010年12月掲載<黒住嘉輝選>

日盛りの五条坂にて無防備に孤独をさらし陶器買ふ人
肌を刺す光の中を帰り来て千夜一夜の物語読む
きみ宛ての手紙をだせず川越えて夏野を歩く月が出るまで
満月の盆踊りより帰りきてほてる足裏たらひにひたす
夕立に会はなかつたといふきみのひたひの汗にひかる月影
[PR]

by trentonrowley | 2010-12-16 20:42 | | Comments(0)
2010年 12月 16日

『葦舟』を読む その6

咲かむとし蕾うへ向く桜木を三月終りの陽がわたりゆく (河野裕子)

むずかしい言葉のないわかりやすい歌だと思うが、「桜木を……陽がわたりゆ
く」という言い方は私などにはなかなか使えない。私ならどうしても「空をわ
たりゆく」と言いたくなる。

「咲かむとし蕾うへ向く」のあたりに初々しい色気を感じる。初雪が舞おうか
という寒い日に読むと、ゆったりとした春の日が待ち遠しくなる。

「三月終り」というところに別れの気配が匂いほのかな寂寥感を感じる。
[PR]

by trentonrowley | 2010-12-16 20:11 | 葦舟 | Comments(0)