<   2012年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 31日

2012年5月

孫の手を使つて明日は雨ですと明日の天気を孫は予報す
禁止したその習はしを断ち切らずおまへは井戸の底のぞき見る
責め道具背のきずあと埋もれつつ身体検査の聖金曜日
鳥の目は監査の基本 向かひゆく度量と数と乗せて電車は
点滴をなさるだらうか包まれた悲しみ配るゆれる携帯
携帯を許されてゐる牡丹餅が迫つてくるぞわたしの神よ
懲りずまの光の下のたはむれに愛されること教へてくれた
たはむれる神と等しい崩壊へ叫びと笑ひを逃げ道とする
秋の日は鳴きやむ蛙鮮烈な言葉によつてみづから染まる
眼差しと光のなかに秋がきてやがて明りが心一ぱい
母親がかついで干した岩海苔が永い旅から浮きあがりくる
山ひだの思ひにもえて泡苔がぼくの屍体を零れつづける
音韻は邪悪そのもの待つてれば流してくれる夜の蝶たち
転がつて立ちあがるのを見下ろすと甘える声も邪悪そのもの
導かれ西洋からしな夕飯に 交はりながら朝が来るのだ
まくられて来た者だけが影となる西洋人の祭司長たち
[PR]

by trentonrowley | 2012-05-31 22:34
2012年 05月 24日

084:西洋 (新井蜜)

西洋の風呂を上がりし十八のはれやかならむ天に向かひて
[PR]

by trentonrowley | 2012-05-24 20:59 | 題詠blog2012
2012年 05月 24日

083:邪 (新井蜜)

風邪声で聞いたからとてゆるさない熔岩のやうに権力を持つ
[PR]

by trentonrowley | 2012-05-24 20:56 | 題詠blog2012
2012年 05月 24日

082:苔 (新井蜜)

光差す死の深淵の岩海苔が概念としてうごきはじめる
[PR]

by trentonrowley | 2012-05-24 20:54 | 題詠blog2012
2012年 05月 20日

081:秋 (新井蜜)

秋晴れのなかの接吻総毛立ち自分の無知に明日を忘れる
[PR]

by trentonrowley | 2012-05-20 20:15 | 題詠blog2012
2012年 05月 20日

080:たわむれ (新井蜜)

汚されたあなたは聞けり笛がなり野辺の光とたはむれるのを
[PR]

by trentonrowley | 2012-05-20 20:12 | 題詠blog2012
2012年 05月 17日

懲りずまの

懲りずまの光の下のたはむれに愛されること教へてくれた
汚されたあなたは聞けり笛がなり野辺の光とたはむれるのを
たはむれる神と等しい崩壊へ叫びと笑ひを逃げ道とする

秋晴れのなかの接吻総毛立ち自分の無知に明日を忘れる
秋の日は鳴きやむ蛙鮮烈な言葉によつてみづから染まる
眼差しと光のなかに秋がきてやがて明りが心一ぱい
[PR]

by trentonrowley | 2012-05-17 23:16
2012年 05月 13日

079:帯 (新井蜜)

畦道は悲しみに満ち落ちてゐたまるみを帯びたガラスの花瓶
[PR]

by trentonrowley | 2012-05-13 23:03 | 題詠blog2012
2012年 05月 13日

078:査 (新井蜜)

細胞を身体検査で膨らませ船出するまで語りあひたり
[PR]

by trentonrowley | 2012-05-13 23:01 | 題詠blog2012