暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 31日

2013年12月

旅人は話しはじめた鞄にはアンティゴネーの乳房のまるみ
天上の未明の時の対象にシールが貼られ殺されさうだ
三日月を離さないこと白く透きつなぎあはせる立ち枯れの松
産み落とし死んでいくのに欲情と輪切りにされたこの夕暮れに
考へもみごとなもんださう信じ不当な死者の死んでいく腸
おだやかでおとろへ壊れ白く透き話しはじめた季節がくるね
泣きながら分かつてしまふ行く手には月のひかりの携帯電話
わたしたち星とわたしが双生でけふといふ日を呼びかはされた
ひとり生きあせらなかつた微笑んで生きられたのであかんぼがゐる
みちる海合はさるところ向いてゐる潜らうとして乳をやれない
その時季に誰なのだらう加はつた思索する者待てのシグナル
満開のはげしい雨が苦労してあたへつづけた自身の鼓動
うづくまるその罅割れた中心でひきずるやうな食事をしよう
散歩者のゐない街路を吹き抜ける北風のなか女は笑ふ
我がまへに立てる男は独りながら不在の友と議論しつつあり
ある町で星が生まれるほどかれて風と潮騒離さないこと
聴きたくてひきずるやうな個人的ことばによつてできてゐるのか
いづくよりか足を踏みしめなさいとふ声の聞こえて我は救はる
角まがる救急車の音、午前二時の冷たい風に乗つて聞こえる
おもむいたさびしい崖にたつてから合はさるところそれは前世で
地に塩かその歯垢さへ惜しまれるセーラー服をもたらすときの
二本足歩行のものらが群れてゆく黒き背をややまへにかがませ
鶏肉としめじ薄あげ買つてきてそれにかぼちやも 電話がありぬ
だからつて頸はねるなよこの頃は腹の立つこと数多あるけど
泉失せ洩れでる声はほどかれて光のもとで料理するしか
欲情とそして連詩とわからずにゆふべに知るはすべてがそこに
ふりかへりふりかへりつつ五百重波逆巻く海へむかふ道ゆく
赤ちやんの深い愛から恋をして世界のなかに悩んで生きて
満開の季節がくるねその証たつた一人の全裸の走者
弟と行き伝へてよお別れの緩慢だつた共同性を
[PR]

by trentonrowley | 2013-12-31 23:59
2013年 12月 29日

弟と行き伝へてよお別れの緩慢だつた共同性を

弟と行き伝へてよお別れの緩慢だつた共同性を
[PR]

by trentonrowley | 2013-12-29 23:18
2013年 12月 28日

満開の季節がくるねその証たつた一人の全裸の走者

満開の季節がくるねその証たつた一人の全裸の走者
[PR]

by trentonrowley | 2013-12-28 21:18
2013年 12月 28日

赤ちやんの深い愛から恋をして世界のなかに悩んで生きて

赤ちやんの深い愛から恋をして世界のなかに悩んで生きて
[PR]

by trentonrowley | 2013-12-28 13:52
2013年 12月 28日

ふりかへりふりかへりつつ五百重波逆巻く海へむかふ道ゆく

ふりかへりふりかへりつつ五百重波逆巻く海へむかふ道ゆく
[PR]

by trentonrowley | 2013-12-28 09:51
2013年 12月 25日

欲情とそして連詩とわからずにゆふべに知るはすべてがそこに

欲情とそして連詩とわからずにゆふべに知るはすべてがそこに
[PR]

by trentonrowley | 2013-12-25 23:42
2013年 12月 24日

泉失せ洩れでる声はほどかれて光のもとで料理するしか

泉失せ洩れでる声はほどかれて光のもとで料理するしか
[PR]

by trentonrowley | 2013-12-24 23:24
2013年 12月 24日

だからつて頸はねるなよこの頃は腹の立つこと数多あるけど

だからつて頸はねるなよこの頃は腹の立つこと数多あるけど
[PR]

by trentonrowley | 2013-12-24 22:28
2013年 12月 24日

鶏肉としめじ薄あげ買つてきてそれにかぼちやも 電話がありぬ

鶏肉としめじ薄あげ買つてきてそれにかぼちやも 電話がありぬ
[PR]

by trentonrowley | 2013-12-24 22:27
2013年 12月 24日

二本足歩行のものらが群れてゆく黒き背をややまへにかがませ

二本足歩行のものらが群れてゆく黒き背をややまへにかがませ
[PR]

by trentonrowley | 2013-12-24 22:26