暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 05月 ( 75 )   > この月の画像一覧


2017年 05月 31日

その舌が声を殺して韻律の罠に飛びこみ去らない匂ひ

d0021306_20163145.jpg





その舌が声を殺して韻律の罠に飛びこみ去らない匂ひ
(新井蜜)
[PR]

by trentonrowley | 2017-05-31 20:16 | Comments(0)
2017年 05月 31日

荷重四トンの悲しみ抱へ散らむとすひとり渡しで行かむ京都へ

d0021306_10292448.jpg





荷重四トンの悲しみ抱へ散らむとすひとり渡しで行かむ京都へ
(新井蜜)
[PR]

by trentonrowley | 2017-05-31 10:29 | Comments(0)
2017年 05月 29日

彼女らに統率されて金星も火星も顔を上げて笑へり

d0021306_1144346.jpg





彼女らに統率されて金星も火星も顔を上げて笑へり
(新井蜜)
[PR]

by trentonrowley | 2017-05-29 11:44 | Comments(0)
2017年 05月 29日

終末の雨になりたい飴色のあなたの傘を赤く濡らして

d0021306_1071895.jpg

終末の雨になりたい飴色のあなたの傘を赤く濡らして

(新井蜜)
[PR]

by trentonrowley | 2017-05-29 10:07 | Comments(0)
2017年 05月 28日

妻に結城を娘に塩を買ひ与えロトはふたたび『あなた』を読んだ

d0021306_2341930.jpg





妻に結城を娘に塩を買ひ与えロトはふたたび『あなた』を読んだ
(新井蜜)
[PR]

by trentonrowley | 2017-05-28 23:04 | Comments(0)
2017年 05月 28日

かばん関西の奈良歌会に参加しました。会場は奈良県文化会館。 8人参加、和やかながら真剣な歌会でした。 (新井蜜)

d0021306_17482154.jpg
d0021306_17482158.jpg





[PR]

by trentonrowley | 2017-05-28 17:48 | Comments(0)
2017年 05月 28日

夜が明けてどすんと屋根の雪が落ち父の不在は四日目となる

d0021306_822404.jpg





夜が明けてどすんと屋根の雪が落ち父の不在は四日目となる
(新井蜜)
[PR]

by trentonrowley | 2017-05-28 08:22 | Comments(0)
2017年 05月 27日

「自分とはなにか?」という命題につきものの古典的なパラドックス…「私性」に関連して

短歌における「私性」を考える際に次のようなことも考えるべきだろう。

村上春樹『スプートニクの恋人』(講談社文庫)より引用

 しかし自分について語ろうとするとき、ぼくは常に軽い混乱に巻き込まれることになる。「自分とはなにか?」という命題につきものの古典的なパラドックスに足をとられてしまうわけだ。つまり純粋な情報量から言えば、ぼく以上にぼくについての多くを語ることのできる人間は、この世界のどこにもいない。しかしぼくが自分自身について語るとき、そこで語られるぼくは必然的に、語り手としてのぼくによってーーその価値観や、感覚の尺度や、観察者としての能力や、様々な現実的利害によってーー取捨選択され、規定され、切り取られていることになる。とすれば、そこに語られている「ぼく」の姿にどれほどの客観的真実があるのだろう?ぼくにはそれが非常に気にかかる。というか、昔から一貫して気にかかってきた。
(引用終わり)

短歌の作者も同じ問題を抱えていることを意識すべきだろう。
(新井蜜)
[PR]

by trentonrowley | 2017-05-27 22:52 | Comments(0)
2017年 05月 27日

黒き川、鳥と魚(うを)とを抱へつつ夢のごとくに枯野を走る

d0021306_15164936.jpg





黒き川、鳥と魚(うを)とを抱へつつ夢のごとくに枯野を走る
(新井蜜)
[PR]

by trentonrowley | 2017-05-27 15:16 | Comments(0)
2017年 05月 27日

金色の陽が落ちた朝教室にわたしを待つて蛇が寝てゐる

d0021306_10103198.jpg





金色の陽が落ちた朝教室にわたしを待つて蛇が寝てゐる
(新井蜜)
[PR]

by trentonrowley | 2017-05-27 10:10 | Comments(0)