2015年 01月 15日

短歌での「きみ」・「あなた」・「おまへ」・「汝」の使われ方 (8)

あの時の声はあなたにかえします風にゆれいるエノコログサよ/江戸雪『声を聞きたい』

これはエノコログサに「あなた」と呼びかけているのだろう。そうであるなら「あなた」は代名詞だ。この歌は代名詞型(呼びかけ型)である。

「あの時の声」というのはなんだろうか?「あなたにかえす」と言っているから、あの時、エノコログサのものだった声(エノコログサから来た声)を自分の口から発したということか?その声を本来の持ち主であるエノコログサにかえしますと言っているのだろう。

(続く)
[PR]

# by trentonrowley | 2015-01-15 22:39
2015年 01月 15日

短歌での「きみ」・「あなた」・「おまへ」・「汝」の使われ方 (7)

今まで「きみ」・「あなた」が使われている歌を何首か見てきた。大まかに分類すると次の三つの型に分類できると思う。
(1)名詞型、(2)中間型(これを☆型と呼びたい)、(3)代名詞型(呼びかけ型)

前に引用した歌は次のように分類できる。
(1)名詞型
君とわがたゞ身二つのかくれざと隠れ果つべき里もなきかな/樋口一葉「恋歌九首」ちくま日本文学全集
(2)中間型(☆型)
☆たちまちに君の姿を霧とざし或る楽章をわれは思ひき/近藤芳美『早春歌』
☆きみに逢う以前のぼくに遭いたくて海へのバスに揺られていたり/永田和宏『メビウスの地平』
☆逆立ちしておまへがおれを眺めてた たつた一度きりのあの夏のこと/河野裕子『森のやうに獣のやうに』
(河野裕子のこの歌の「おまへ」を代名詞と考えたが、もう少し考えてみたい。)
(3)代名詞型(呼びかけ型)
たとへば君 ガサッと落葉すくふやうに私をさらつて行つてはくれぬか/河野裕子『森のやうに獣のやうに』
モーニングコートの試着をしてくださいあなたは新婦の父親だから/伊藤京子『木母』

私はこの中で中間型(☆型)に興味があり、もう少し深く考えてみたいのだが、当面は例歌を検討して行きたい。

(続く)
[PR]

# by trentonrowley | 2015-01-15 22:21
2015年 01月 15日

短歌での「きみ」・「あなた」・「おまへ」・「汝」の使われ方 (6)

モーニングコートの試着をしてくださいあなたは新婦の父親だから/伊藤京子『木母』

新婦の母親である作者が新婦の父親である夫に語りかけている形の会話体の歌だ。

この歌も実際にこの歌の形で語りかけたとは思えないが、形式は語りかけている形であるので、この歌の「あなた」は代名詞である。
広辞苑には「目上や同輩である相手を敬って指す語」「夫婦間で妻が夫を呼ぶ語」とある。この歌の場合、状況としては妻が夫を呼んでいるのであるが、前者の一般的な「相手を敬って指す語」と解釈したくなるような表現である。夫と妻の関係が形式的でよそよそしく感じられるのである。(実際はどうなのかは全く知らないのだが。)

(続く)
[PR]

# by trentonrowley | 2015-01-15 16:09
2015年 01月 14日

短歌での「きみ」・「あなた」・「おまへ」・「汝」の使われ方 (5)

たとへば君 ガサッと落葉すくふやうに私をさらつて行つてはくれぬか/河野裕子『森のやうに獣のやうに』

口語会話体で書かれたこの歌は「君」に呼びかけている歌であり、この「君」は二人称代名詞であろう。

実際にこの歌を「君」に詠いかけたかどうかは知らない。全く有り得ないとは言えないにしても、そのような可能性は極めて低いだろう。修辞の一つとして、君に呼びかける形を取った短歌作品だろう。


逆立ちしておまへがおれを眺めてた たつた一度きりのあの夏のこと/河野裕子『森のやうに獣のやうに』

この歌は回想の歌であり、この歌そのもので「おまへ」に呼びかけ、詠いかけているものではないが、この歌の「おまへ」は二人称代名詞であると思われる。回想しているあの夏の頃には、<私>は自分のことを「おれ」と呼んでおり、相手の少年を「おまへ」と呼んでいたのだ。
おまへとおれを次のようにそれぞれ括弧で括ったものとして読むとそのことがはっきりすると思う。
<逆立ちして「おまへ」が「おれ」を眺めてた …>

(続く)
[PR]

# by trentonrowley | 2015-01-14 16:09
2015年 01月 14日

短歌での「きみ」・「あなた」・「おまへ」・「汝」の使われ方 (4)

たちまちに君の姿を霧とざし或る楽章をわれは思ひき/近藤芳美『早春歌』

きみに逢う以前のぼくに遭いたくて海へのバスに揺られていたり/永田和宏『メビウスの地平』

これらの歌の「君」や「きみ」は〈対話する相手を指示する人称〉としての二人称代名詞ではないように思えるのだが、それではどう考えたら良いだろうか?

A.広辞苑の「女から男を、親しみをこめて言う語 」という説明を現代的に拡張解釈して、「女から男を、または男から女を、親しみをこめて言う語 」と解釈したら良いのか。
「ぼくの彼女」というときの「彼女」が三人称代名詞でなく<好きな人、付き合っている人>という意味の名詞であるのと同様な使い方なのだろうか?

B.それとも、「君」や「きみ」はあくまで二人称代名詞であり、上の二首は、作品として一般に発表された歌ではあるが、形式としては特定の「君」または「きみ」に向けた私信のような歌という形を取っているということだろうか?
このように考えるのは、仮に日記に「きみに逢う以前のぼくに遭いたくて海へのバスに揺られていた」と書かれていたとすると、「きみ」はやはり二人称代名詞で、この日記は「きみ」への手紙の形を取って書かれたものと読むだろうと思うからだ。

平安時代の後朝の歌にしても、もともとは特定の個人宛に贈られた歌なのかも知れないが、なんらかの形で発表され記録されたからこそ後世の我々も読み味わうことが出来るのだろう。寧ろ特定の個人宛の歌ということは名目であり形式であって、世間に向けて発表することが前提で作られた歌なのかも知れない。
読む側としても、特定の個人宛に贈られた歌ということが擬制であるということを承知の上で、その特定の相手と作者の関係を想像しながら楽しんだのかも知れない。

(続く)
[PR]

# by trentonrowley | 2015-01-14 11:14
2015年 01月 13日

短歌での「きみ」・「あなた」・「おまへ」・「汝」の使われ方 (3)

たちまちに君の姿を霧とざし或る楽章をわれは思ひき/近藤芳美『早春歌』

きみに逢う以前のぼくに遭いたくて海へのバスに揺られていたり/永田和宏『メビウスの地平』

これらの歌の「君」や「きみ」も〈対話する相手を指示する人称〉としての二人称代名詞ではないように思える。
広辞苑には二人称代名詞としての「きみ」は「男の話し手が同輩以下の相手を指すのに使う語。あなた。おまえ。」とある。上の二首については、二首とも作者が男性であるから、この広辞苑の定義とは矛盾しないように思えるが、これらの歌も、先の樋口一葉の歌と同様に、「君」なり「きみ」に向けた私信ではなくて、もともと一般に発表することが目的で詠われた歌だと思われる。従って、これらの歌の「君」や「きみ」も二人称代名詞ではなく、名詞であると思える。

名詞である場合の意味であるが、作者は二人とも男性であり、樋口一葉の歌の場合のように、広辞苑の「女から男を、親しみをこめて言う語 」という説明には、そのままでは当てはまらない。
[PR]

# by trentonrowley | 2015-01-13 23:06
2015年 01月 13日

短歌での「きみ」・「あなた」・「おまへ」・「汝」の使われ方 (2)

君とわがたゞ身二つのかくれざと隠れ果つべき里もなきかな
樋口一葉「恋歌九首」ちくま日本文学全集

二人称は辞書によれば、〈対話する相手を指示する人称〉である。
別れたばかりの相手に届ける後朝の歌のように、一種の手紙として詠われる歌に「あなた」のような言葉が使われているのなら、それは二人称代名詞と考えることが出来るだろう。しかし、この歌は特定の相手に向けて詠われたものでは無く、短歌作品として一般に発表された歌であるように思える。
また、二人称代名詞としての「きみ」は広辞苑には「男の話し手が同輩以下の相手を指すのに使う語。あなた。おまえ。」とある。最近は、女性が使うケースも多いので、広辞苑の説明は時代遅れのようにも思えるが、少なくとも樋口一葉の時代には、女性が二人称代名詞として「きみ」を使ってはいなかったと思える。

名詞としての「きみ」には君主、主人などいろいろな意味があるが、この樋口一葉の歌の場合は、「わがせのきみ」などと使われる「女から男を、親しみをこめて言う語 (広辞苑)」であろう。
[PR]

# by trentonrowley | 2015-01-13 22:20
2015年 01月 13日

短歌での「きみ」の使われ方

短歌での「きみ」の使われ方
短歌には「きみ」・「あなた」・「おまへ」・「汝」などが詠みこまれることがしばしばある。
これらの言葉は、一般に名詞として使われる場合と二人称の代名詞として使われる場合とがある。

短歌に於ける「きみ」の使われ方を考えてみたい。
[PR]

# by trentonrowley | 2015-01-13 20:45
2014年 12月 15日

彼岸花見えない鬼が目をつむる明けない夜にとり残されて

彼岸花見えない鬼が目をつむる明けない夜にとり残されて
d0021306_23304899.jpg

[PR]

# by trentonrowley | 2014-12-15 23:29
2014年 12月 14日

虫たちもほの白みゆく岬にて心に決めた気配があつた

虫たちもほの白みゆく岬にて心に決めた気配があつた
d0021306_239328.jpg

[PR]

# by trentonrowley | 2014-12-14 23:08
2014年 12月 12日

飛び去つた狂へる鳥の影のごと黒ひといろの思想であつた

飛び去つた狂へる鳥の影のごと黒ひといろの思想であつた
d0021306_22351523.jpg

[PR]

# by trentonrowley | 2014-12-12 22:34
2014年 12月 11日

ひたひたとかぶるくらいに注ぎ入れ時間をかけて熟すのを待て

ひたひたとかぶるくらいに注ぎ入れ時間をかけて熟すのを待て
d0021306_22283636.jpg

[PR]

# by trentonrowley | 2014-12-11 22:27
2014年 12月 10日

青空の向かう側から呼んでゐるこちらに来いとわたしの声が

青空の向かう側から呼んでゐるこちらに来いとわたしの声が
d0021306_11593485.jpg

[PR]

# by trentonrowley | 2014-12-10 11:59
2014年 12月 09日

産声が聞こえましたか遠くから天気予報がはづれましたね

産声が聞こえましたか遠くから天気予報がはづれましたね
d0021306_227148.jpg

[PR]

# by trentonrowley | 2014-12-09 22:06
2014年 12月 09日

眠るふりしてゐた花が匂ひ出す帰るあなたを引き留めたくて

眠るふりしてゐた花が匂ひ出す帰るあなたを引き留めたくて
d0021306_10564474.jpg

[PR]

# by trentonrowley | 2014-12-09 10:56
2014年 12月 08日

寝たままでトンネルくぐりリンパ腫の痕跡さがすわがきのこ狩り

寝たままでトンネルくぐりリンパ腫の痕跡さがすわがきのこ狩り
d0021306_2134314.jpg

[PR]

# by trentonrowley | 2014-12-08 21:03
2014年 12月 07日

ベース音ひびく午前の部屋で寝て赤い郵便車の夢を見る

ベース音ひびく午前の部屋で寝て赤い郵便車の夢を見る
[PR]

# by trentonrowley | 2014-12-07 23:07
2014年 12月 07日

押しよせる数かぎりない感情をわたしは水に流せはしない

押しよせる数かぎりない感情をわたしは水に流せはしない
d0021306_20165949.jpg

[PR]

# by trentonrowley | 2014-12-07 20:16
2014年 12月 06日

神話から空いろの花抜け出でて降つてきた日にきみと出会つた

神話から空いろの花抜け出でて降つてきた日にきみと出会つた
d0021306_22313690.jpg

[PR]

# by trentonrowley | 2014-12-06 22:31
2014年 12月 05日

落ちてきた土星のやうな朝だつた手紙を書いて出さずに捨てる

落ちてきた土星のやうな朝だつた手紙を書いて出さずに捨てる
d0021306_22300255.jpg

[PR]

# by trentonrowley | 2014-12-05 22:29
2014年 12月 05日

平城山に木槿が咲いて八月の遊びの果てはつづけられない

平城山に木槿が咲いて八月の遊びの果てはつづけられない
[PR]

# by trentonrowley | 2014-12-05 22:04
2014年 12月 04日

降りつづく雨を見ながら聴いてゐる乾いた音のジェリー・ガルシア

降りつづく雨を見ながら聴いてゐる乾いた音のジェリー・ガルシア
[PR]

# by trentonrowley | 2014-12-04 22:30
2014年 11月 22日

終末の日にもわたしは眠れない蜜柑をもいで取り敢へず食ふ

終末の日にもわたしは眠れない蜜柑をもいで取り敢へず食ふ
[PR]

# by trentonrowley | 2014-11-22 22:49
2014年 10月 30日

海境に降り止まぬ雪かへりみず渡りてゆきぬ錆びた水の面

海境に降り止まぬ雪かへりみず渡りてゆきぬ錆びた水の面
[PR]

# by trentonrowley | 2014-10-30 21:35
2014年 10月 12日

見わたせば体裁だけが穏当で苦行のやうな全容が見え

見わたせば体裁だけが穏当で苦行のやうな全容が見え
d0021306_112741.jpg

[PR]

# by trentonrowley | 2014-10-12 11:27
2014年 10月 10日

みどりから黄色にかはりゆくみかん秋の日の夕暮れは静かだ

みどりから黄色にかはりゆくみかん秋の日の夕暮れは静かだ
d0021306_22392672.jpg

[PR]

# by trentonrowley | 2014-10-10 22:39
2014年 10月 08日

海の背に時計の針は蟹隠し緑がかつた記憶であつた

海の背に時計の針は蟹隠し緑がかつた記憶であつた
d0021306_15563620.jpg

[PR]

# by trentonrowley | 2014-10-08 15:55
2014年 10月 07日

告白し話してゐると人間は恐怖を感じだれかの奴隷

告白し話してゐると人間は恐怖を感じだれかの奴隷
d0021306_22312932.jpg

[PR]

# by trentonrowley | 2014-10-07 22:30
2014年 10月 07日

黒い川とりとけものにおだやかで揺れる彼らを切ない比喩に

黒い川とりとけものにおだやかで揺れる彼らを切ない比喩に
d0021306_1084420.jpg

[PR]

# by trentonrowley | 2014-10-07 10:08
2014年 10月 06日

眠れないぼくはおもはず枝延ばしある傷口のやうに目に沁む

眠れないぼくはおもはず枝延ばしある傷口のやうに目に沁む
d0021306_11375451.jpg

[PR]

# by trentonrowley | 2014-10-06 11:37