人気ブログランキング |

暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 13日

短歌での「きみ」・「あなた」・「おまへ」・「汝」の使われ方 (3)

たちまちに君の姿を霧とざし或る楽章をわれは思ひき/近藤芳美『早春歌』

きみに逢う以前のぼくに遭いたくて海へのバスに揺られていたり/永田和宏『メビウスの地平』

これらの歌の「君」や「きみ」も〈対話する相手を指示する人称〉としての二人称代名詞ではないように思える。
広辞苑には二人称代名詞としての「きみ」は「男の話し手が同輩以下の相手を指すのに使う語。あなた。おまえ。」とある。上の二首については、二首とも作者が男性であるから、この広辞苑の定義とは矛盾しないように思えるが、これらの歌も、先の樋口一葉の歌と同様に、「君」なり「きみ」に向けた私信ではなくて、もともと一般に発表することが目的で詠われた歌だと思われる。従って、これらの歌の「君」や「きみ」も二人称代名詞ではなく、名詞であると思える。

名詞である場合の意味であるが、作者は二人とも男性であり、樋口一葉の歌の場合のように、広辞苑の「女から男を、親しみをこめて言う語 」という説明には、そのままでは当てはまらない。

by trentonrowley | 2015-01-13 23:06 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 短歌での「きみ」・「あなた」・...      短歌での「きみ」・「あなた」・... >>