暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 31日

連作 「夢のなか」 by あんな & 新井蜜

    夢のなか      あんな ・ 新井蜜

胸うすき少女よきみは夢のなか何度犯しただろうかぼくを/あんな

熊蝉の死骸ころがる小道ゆききみの寝言を思ひだしたり/新井蜜

蒸し暑く寝られない夜遠くからサイレンの音が近づいて止む/あんな

心臓が止まつた訳ではないけれどサイレンを聞き冷めてしまつた/新井蜜

むず痒い感覚だけが残ってて月のひかりを浴びて冷やそう/あんな

背の高い少年だつた君だけど手を伸ばしても月は盗れない/新井蜜

真夜中に降る雨の音 そういえば蝉たちはどこへ行ったのだろう/あんな

蝉たちもスズメも蟻もアラートに恐怖を感じ逃げてしまつた/新井蜜

逃げるってどこに逃げたらいいのかな愛のなかへか夢のなかへか/あんな

滅亡のあとに後悔しないやう愛しあひたい夢などは見ず/新井蜜

逃避せず立ち向かうべき現実があるのじゃないの男だったら/あんな

ジェンダーで差別するなと言つてゐたきみらしくないもう夜が明ける/新井蜜

もう二度と見ることはないかもしれない朝日のなかの生駒の山は/あんな

歩きたい朝日のなかを二人して朝顔の花が咲いてゐるから/新井蜜

この世界あったらいいね滅びずに夢から醒めたあとにもずっと/あんな



[PR]

by trentonrowley | 2017-08-31 20:18 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 鵯と策謀、捜しはじめれば涙を流...      秋の田と絶縁、青いバンダナが目... >>