暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 17日

「塔」九月号 永田淳選歌欄 十首選

「塔」九月号 永田淳選歌欄 十首選

シャンプーを流して拭くとき銀髪はまだ線香のきつく匂えり  吉田 典

雲よりもあわい乳房をもつ人が笑う夜 おれはこころぼそいよ  小松 岬

「右を見て」言われたれども手術台に我は幽体離脱のごとし  大出孝子

窓のない部屋に逃げよと言われても外は新緑猫はみごもる  菊井直子

いつまでも私が覚えておきますからあなたはゆっくり忘れてください  北山順子

就活を共にしてゐる気分なりあのビルの中働いてみたし  河内幸子

刈りたての麦の香をさせマメトラの青年道を譲りくれたり  竹井佐知子

五月の蚊許しておれば生意気な我の右耳刺してぞゆけり  西川照代

箸を持つ爪のピンクに怯みおり九年ぶりにマニキュアをして  太田愛葉

にしぞらに浮かびいる見ゆまひるまの少女のゆびのさきに見し月  中田明子


(新井蜜)
[PR]

by trentonrowley | 2017-09-17 21:58 | 十首選 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「塔」九月号 若葉集 小林幸子...      「塔」九月号 江戸雪選歌欄 十首選 >>