暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 13日

「塔」一月号 小林幸子選歌欄 十首選

「塔」一月号 小林幸子選歌欄 十首選


少年は櫂に和舟を操つて四つの内湖を渡りしむかしに  穂積みづほ


上品なしかめっつらがあることをあなたで知ったことがはじまり  小松 岬


あの鳥が空の奥へと点になるまでを見ている 自転車とめて  山川仁帆


燃えてゐると言へば終りのヒガンバナ秋高空へ漕ぎ出して行け  高橋ひろ子


わらべにて夾竹桃咲く道歩き振り向けば碧き六甲ありき  西村美智子


夏服でまだいけそうな日もありてバターのごとく晴れて光は  廣野翔一


吹きすさぶ西駒颪の通り道赤いポストが口開けてゐた  朝井一恵


けんめいに探しゐたるは何ならむ夢より覚めてなほ不安なる  岩本文子


玄関のバジルの葉っぱを摘み終えて雨を見ていた夕暮れの雨を  北山順子


ウォーキングの径に拾いし栗の実の小さき汚れを手に拭いたり  相馬好子



(新井蜜)


[PR]

by trentonrowley | 2018-01-13 20:11 | 十首選 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「塔」一月号 三井修選歌欄 十首選      「塔」一月号 池本一郎選歌欄 十首選 >>