暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 16日

「塔」一月号 前田康子選歌欄 十首選

「塔」一月号 前田康子選歌欄 十首選


チェロの音が流れ始めた家をすぎ雨のはじめのしづくに触れる  加茂直樹


わがままも言はずなりたる母の顔ひとつぶ涙つんつん椿  祐德美惠子


本当はねあと一年だつてランチ終へ古風な笑みに友は告げたり  阿蘇礼子


堤防によじ登っているカップルの男は登り女登れず  内海誠二


バスを待つ間に夕日やまに入る 実家で柿をいくつも食べた  川井典子


秋の野の光の中に居し人を最寄りの駅にたたずんで待つ  木村陽子


古切手入れる小さなはこだけを残してひとは春を去りたり  高橋武司


熱帯夜明けて降る雨はつ雪を受くるがごとくひらく手のひら  多田眞理子


人の子を抱くように米を抱いている女を見たり日曜の午後  田宮智美


モンローのまろき体を思ひをりいちじく白くやはくありせば  遠田有里子




(新井蜜)


[PR]

by trentonrowley | 2018-01-16 19:42 | 十首選 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「塔」一月号若葉集 江戸雪選歌...      「塔」一月号 山下洋選歌欄 十首選 >>