暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 17日

「塔」一月号若葉集 江戸雪選歌欄 十首選

「塔」一月号若葉集 江戸雪選歌欄 十首選


暗やみでポップコーンを湿らせる舌先熱き金曜の夜  うにがわえりも


日ごと夜ごと容易に不穏になる胸の森に一羽の飛ばぬ小鳥を  中森 舞


「そっか」の「か」と「ですよね」の「ね」が隠すもの すり切り一杯分の悲しみ  荒井貴彦


遠足の弁当は無事持たせたが「行ってらっしゃい」言ってなかった  伊地知樹里


屋台には赤・黄・橙(だいだい)並んでて「夏が終わるね」と少女が言った  大島綸子


名人が歩を打つように横にあるティッシュをつまみ一滴をふく  中西寒天


一本の大根とねぎ新聞に花束のごとく包みてだきぬ  坂東茂子


眼差しに呼ばれたような気がしてさプールサイドに枯れた紫陽花  深山 静


歯科医院のナース弁当を手に下げて秋の風吹く信号を渡る  森川たみ子


かなしみの皮膜に包まれ片頬をつねってみても赤くなるだけ  椛沢知世



(新井蜜)


[PR]

by trentonrowley | 2018-01-17 09:58 | 十首選 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「塔」一月号 真中朋久選歌欄 十首選      「塔」一月号 前田康子選歌欄 十首選 >>