暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 18日

「塔」二月号 栗木京子選歌欄 十首選

「塔」二月号 栗木京子選歌欄 十首選


原宿のあたりにひとりはゐるやうな髪結ひてゐる制吒迦童子  久川康子


鳩のいる水道で子のひざの血を洗い流せば陽があたたかい  吉田 典


黒山羊を眠りの中に引き連れてわたしの服は月にぬれてる  希屋の浦


絵葉書の美しきを抜きとって憲兵大尉は胸を病んでいる  岡崎五郎


アララトの山すそ占むる麦畑にクルドの人とこうのとり住む  倉成悦子


ブーケ買う夢を今朝方見しことを花屋の前で思い起こせり  深井克彦


野良猫の喉をなでいる叔父の手は三年前まで麻を抜いてた  ジャッシーいく子


魚のごと冷たく生きる誰一人好きではないと言ひ張りながら  逢坂みずき


けふのことはけふのことだよ 柑橘のひとかけみづのなかに華やぐ  小田桐 夕


五歳児のほんとの話はくるくると神話のごとき転調があり  竹田伊波礼



(新井蜜)


[PR]

by trentonrowley | 2018-02-18 15:20 | 十首選 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「塔」二月号 三井修選歌欄 十首選      「塔」二月号 花山多佳子選歌欄... >>