暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 23日

「塔」二月号 永田和宏選歌欄 十首選

「塔」二月号 永田和宏選歌欄 十首選


舟が水を分けるみたいに滑らかに前へ進んでアタック決まる  荒井直子


鋪道(しきみち)の冷ゆる夕べを自転車の籠かたぶきぬ塩の重さに  清水弘子


四角い校舎のドアを出ずれば学校は夜に漕ぎ出す船のようなり  芦田美香


常光寺と墨書ありたり傾きし陽を背に受けて路地を曲れば  上﨑智旦


多分少し正確でない言葉だと秋の空耳を繰り返して我は  小川和恵


一両の青い列車が走りゆく遠く枯野を切りさきながら  数又みはる


公園のベンチに黒く小さき背 しばし見つめて我が母と知る  佐原亜子


夜ふかく夢のさなかと思ふまでおほき純白の花ひらきゆく  友田勝美


墓石は手を灼く熱さ     暑さに弱き母のねむれる  仙田篤子


父の焚く送り火を背に母がゆく振り向くことの無き闇の道  仙田篤子




(新井蜜)


[PR]

by trentonrowley | 2018-02-23 16:32 | 十首選 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「塔」二月号 月集 十首選      「塔」二月号 池本一郎選歌欄 十首選 >>