人気ブログランキング |

暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 23日

「塔」二月号 月集 十首選

「塔」二月号 月集 十首選


夕ぐれの光に翳を深くする雪の比叡を見つつ帰らな  永田和宏


逢ひかたを考へてくれるひとのため時間をつくり逢ひにゆかむとす  真中朋久


冬霧のように過ぎたり会ってから頰にふれくるまでの時間は  江戸 雪


熟したる柿の実ほたりと落ちて来ぬ友よりの便り絶えて久しき  青井せつ子


我もまた独りとおもひゐるときにバックしますとトラックの声  岩野伸子


黄の光戸の隙間より届き来て呼ばれゐるかと月を見に出る  亀谷たま江


聖岳まぢかき里の勾配を昇りてゆけり秋の黄蝶は  酒井久美子


ゆらゆらと川沿いの道をあゆみくる橋のあたりで手をふりながら  竹田千寿


山を背に二十戸ばかりなる里に住みたしと言ふ雪を知らねば  干田智子


胎内のやうなくらやみ潜りゆく虚見都(そらみつ)奈良へ近づきながら  万造寺ようこ



(新井蜜)



by trentonrowley | 2018-02-23 22:11 | 十首選 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「塔」三月号 真中朋久選歌欄 十首選      「塔」二月号 永田和宏選歌欄 十首選 >>