暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 21日

「塔」三月号 永田淳選歌欄 十首選

「塔」三月号 永田淳選歌欄 十首選


寂しさを母は語りき寂しさははるかに遠く木蓮の咲く  ひじり純子


ふたたびは会ふことなからむ遠縁の人の手料理夫を酔はしむ  林 雍子


モンブランケーキにブスッとフォーク刺すあの頃姑の脳怪しき  鈴木美代子


竹鼻町狐穴(たけはなちやうきつねあな)とふ交差点差しかかるとき赤の灯ともる  伊藤京子


こんなにももう輝けぬテーブルの津軽りんごに陽のあたる午後  木原樹庵


つきたての餅を正座のいもうとの膝つこぞうの形に丸める  竹内真実子


「おばあちやん」と他人に言はれつんのめりぬ七十歳は微妙なのです  藤原はつみ


自家製のつるし柿ならほちゃほちゃの時を選びて食むのも嬉しい  堀口 岬


冬川を落ち葉の筏が流れゆく乾ききつたる夢の浮力に  一宮雅子


工事現場に置かれたままのショベルカーが今夜は掬つてみたい星たち  高橋ひろ子



(新井蜜)


[PR]

by trentonrowley | 2018-03-21 21:47 | 十首選 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「塔」三月号若葉集 小林幸子選...      「塔」三月号 江戸雪選歌欄 十首選 >>