暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 28日

「塔」三月号 月集 十首選

「塔」三月号 月集 十首選


活(い)け了へて花切鋏拭ふとき遠き嘆きの声よみがへる  栗木京子


膜が張るごとく動かぬ池の面のところどころに嵌まる赤き葉  松村正直


小春日のあまねき中の各駅停車隣の少女は眠りはじめぬ  角田恒子


何をするといふこともなく冬晴れの外には鵙の高鳴き聞こゆ  木村輝子


姉であることの嬉しさ釣り好きの下の弟が魚下げて来る  酒井久美子


あこがれはもうあらざれどアメリカへつづく海原眺めていたり  新川克之


お弁当持ってみんなで行こう赤いもみじが陽に照るところ  進藤多紀


ながく目を閉じれば亡くせし黒犬のまっくらな瞳(め)の濡れ濡れとあり  なみの亜子


ビール飲んだわれは娘に真っ赤だよと言われるとても寒い冬の夜  花山周子


虹の脚立てる処に棲むひとのあるを思ひて堤過ぎたり  溝川清久



(新井蜜)


[PR]

by trentonrowley | 2018-03-28 23:04 | 十首選 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「塔」四月号若葉集 三井修選歌...      「塔」三月号 花山多佳子選歌欄... >>