暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 24日

「塔」四月号 花山多佳子選歌欄 十首選

「塔」四月号 花山多佳子選歌欄 十首選


あかんぼを便座にすわらせ待ちおれば赤子にわが顔見つめられおり  矢澤麻子


この朝つごもり蕎麦が届きたり泥つき葱を三本添えて  ジャッシーいく子


播州の空明るくて素麺を干しをる男(おのこ)ふとき腕もつ  藤原明朗


三十分待てど来ぬ人待つ我を誰かがどこかで見ているような  村﨑 京


ちちちちと機械の音して品物のラベルは落ちるそれを拾いたり  奥山ひろ美


屋根屋根に夜の雪落つる京の絵に入りて窓に灯りつけたし  上仲修史


伝えんとせし思いありしかれどもその内容を思い出せない  林 広樹


何とまあ大き靴裏、息白く野球少年われを抜きゆく  安永 明


このごろはうつむきて歩く癖のありけふの空色おもひ起こせず  三好くに子


冬山の深きしじまに耐えかねて四十雀わがそばに来て鳴く  川口秀晴



(新井蜜)


[PR]

by trentonrowley | 2018-04-24 09:20 | 十首選 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「塔」四月号 池本一郎選歌欄 十首選      「塔」四月号 前田康子選歌欄 十首選 >>