暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 28日

「塔」四月号 真中朋久選歌欄 十首選

「塔」四月号 真中朋久選歌欄 十首選


雨音に醒めゆくまぎわの夢のなか明日会わむ人の髪濡れており  土肥朋子


月集を読みをる車窓の陰りきて彦根は雪なりきみ住む町の  広瀬明子


もうどこを捜せど会へぬ人なれど夢の駅にてすれちがひたり  石原安藝子


十年(ととせ)経て母の肌着を捨てる日の朝しらじらとありあけの月  斎藤雅也


あかき鳥居をぬけてくあなたの背がみえる わたしはもつと強くなれるわ  田中律子


他人事と遠く見てゐし一文字がカルテ追ふ目にとびこんで来ぬ  林 雍子


「わざわざ」と受付のひとは言ひかけて「はるばる」と言ひ直したり  穂積みづほ


二穴パンチの一穴だけを使うときの空打ち側のようなむなしさ  吉田淳美


元日の本屋であなたを見失ういつか会えなくなるね、たやすく  上澄 眠


夢に来てダッフルコートを脱ぎゐしが息子にあらず歯並がちがふ  清水弘子



(新井蜜)


[PR]

by trentonrowley | 2018-04-28 20:57 | 十首選 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「塔」四月号 月集 十首選      「塔」四月号 永田和宏選歌欄 十首選 >>