暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 30日

「塔」四月号 月集 十首選

「塔」四月号 月集 十首選


意味もなくまた呼んでゐる呼ばれても迷惑だらうが雪のゆふぐれ  永田和宏


さまざまな会社のカレンダー路(みち)に売る老人のゐて一つ買ひたり  花山多佳子


たまきはるいのちなどともおもはねどひかりのなかにいりゆかむとす  真中朋久


丘の上の畑なかの道ゆふぐれてかなたにスカイツリー灯れる  小林幸子


一すじの重さいか程制服のおとめの肩にかかる黒髪  石本照子


留守中にゐねむりするなと着ぶくれて出かける妻が振り向きて言ふ  上大迫 實


君は子音わたしは母音オリオンを指させば互ひの肩が触れあふ  苅谷君代


一刷毛の雲の浮かぶを眺めつつ湖西線で行く友の墓参に  貞包雅文


その話は一先づ置いて 城跡の縁(へり)より見下ろす石垣の反り  久岡貴子


布巾には夢二椿のまろき花咲きをり母に赤飯を炊く  干田智子



(新井蜜)


[PR]

by trentonrowley | 2018-04-30 21:51 | 十首選 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「塔」五月号 栗木京子選歌欄 十首選      「塔」四月号 真中朋久選歌欄 十首選 >>