暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 29日

「塔」六月号 栗木京子選歌欄 十首選

「塔」六月号 栗木京子選歌欄 十首選


使ひこし体の部品とり出して洗へぬものか冬の青空  青木朋子


擦れ違へばお先に通す営業の身の熟(こな)しいまだ夫は持ちて  鵜原咲子


慣性の法則証明するようにストーンは滑る零下の面を  杜野 泉


三月の日差し受けつつ縁側に手熨斗でたたむ紺の作業着  大城和子


桃の花ひらききりたり雛飾りかたづけられたる六畳の間に  天野和子


雪雲は阿武隈の上に生るるものと思ひてをりしが海にも生るる  大塚洋子


昼下がり老人あまた目に付くが皆われよりも足早にゆく  山崎一幸


とび色の栞ひものはし擦れぬようくるりと納める図書館の人  吉田淳美


若き母が春の小川に洗いおり田よりあがりしその泥の足  数又みはる


岩槻で父母に選ばれそのままにひいなは海を渡りて来たり  ダンバー悦子



(新井蜜)


[PR]

by trentonrowley | 2018-06-29 20:29 | 十首選 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「塔」六月号 月集 十首選      「塔」六月号 真中朋久選歌欄 十首選 >>