人気ブログランキング |

暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 07日

動物・生き物

青丹よし若草山に鳴く鹿の妻恋う春の風船ひとつ
びしょ濡れのわたしの帽子だけあって雲雀はいまだ揚がらぬ早春
飛び乗った海亀に聞け行き先は一人旅立つ春の朝焼け
あおさぎが水辺に立って見張ってる前で鳥には出来ぬくちづけ
制服を買いに出かける妹のポニーテールに紋黄蝶 ほら
海亀ののろまのせいで戦いに遅れてしまった この亀野郎
海亀の嘘だったのね三日月が光る浜辺に落ちて来たって

by trentonrowley | 2006-03-07 04:49 | ケータイ短歌 | Comments(2)
Commented by 富田林薫 at 2006-03-27 08:58 x
きっと?海亀は斉藤斎藤さんも好きなんだろうと思われますねっ。
Commented by 新井蜜 at 2006-03-27 14:19 x
そうですね。亀野郎を選んでもらえるとは思いませんでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< おわび短歌 紋白蝶      奈良 >>