人気ブログランキング |

暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2019年 05月 19日

「塔」五月号 永田淳選歌欄 十首選

「塔」五月号 永田淳選歌欄 十首選


雪の原につつ立つてああ何だらう髪の先からこほりてゆける  國森久美子


せせらぎにしんと向かへる幼子を促さむとしてしばらくを待つ  竹下文子


先生も患者も並ぶ院内のたった一つのファミリーマート  石井久美子


節分に鬼は外へとはじかれる少しはじかれたくもある夜  三谷弘子


五十歩にて渡れば京都 この橋の下からきふに川は曲れり  山口泰子


思ひ出すことあるやうな瞬きす睫毛のびたるみどりご抱けば  大河原陽子


タンポポにハルノノゲシ・オニタビラコ蜂起のごとく二月の野辺に  古堅喜代子


雪しげき日にもお参りできるよう道に沿いつつ墓石ならぶ  澤端節子


いくたびも遺影に向かふ雪の日は雪の声聴くむかしむかしの  祐德美惠子


冴え渡る冬の星座のはろばろと母たりし人還りゆきたる  祐德美惠子



(新井蜜)



by trentonrowley | 2019-05-19 22:10 | 十首選 | Comments(0)
2019年 05月 19日

「塔」五月号 小林幸子選歌欄 十首選

「塔」五月号 小林幸子選歌欄 十首選


窓ふたつぬけて午睡のほとりへとユーロビートのささなみ寄せて  中田明子


たそがれの改札口を来る来る来るどのスカートもあなたではない  拝田啓佑


雲のない冬の夜空の月近くここからまっすぐに行けそうだ  逢坂みずき


ミニシアターへ初めて向かう時横に無口なままずっと居てくれし人  姉崎雅子


つつがなく一人で過す節分の豆を數えて邪気払いする  川上とよ


老母(はは)逝きて独りとなりし弟に見送られ待つ海辺のバス停  中村美優


銀色の電車とろとろ曲がりつつ樹立ちの中に吸はれてゆきぬ  丸山順司


音符さえ今や五線符飛び出して窓をこじ開け駆けゆく春は  みずおち 豊


結婚を告げるメールの旧姓の君の名前の花に触れたり  大橋春人


ふくろうの磁石でポンと留めておく春の集いの案内状を  浅野次子



(新井蜜)



by trentonrowley | 2019-05-19 15:49 | 十首選 | Comments(0)
2019年 05月 18日

「塔」五月号若葉集 山下洋選歌欄 十首選

「塔」五月号若葉集 山下洋選歌欄 十首選


救済を待つ人のごと寒き夜に乗るべきじゃないバスを見送る  笹嶋侑斗


ふるさとはだんだん縮んでいくようだ駅前通りを三歩で渡る  田島千代


暖かく晴れたる今日が立春と薬袋を桃色に替え  宮野奈津子


ほう今は夜かと驚く老父がいてそうだよと答える私がいて  成瀬真澄


ねえきみをあきらめたいよ壊れずに、檸檬で濡らした花が枯れゆく  梅津かなで


三十年ぶりの便りを長い長いメールで送る半日かけて  縣 敦子


朝練としてあかときのひとときを花山多佳子の歌集読みをり  足立信之


ここ掘れと鳴く犬をらずぽつねんと老農ひとり立ち盡くすのみ  石川休塵


夕暮れに迎えに行けば別人のにおいまといて積み木積みたり  大和田ももこ


春立つ日雪舞う店にさくらもち薄紅色に光りて置かる  桂 直子



(新井蜜)



by trentonrowley | 2019-05-18 11:29 | 十首選 | Comments(0)
2019年 05月 17日

「塔」五月号 小林信也選歌欄 十首選

「塔」五月号 小林信也選歌欄 十首選


ゆらゆらとほどいたままのリボン持ちこれはいるかと夫が言いたり  山内頌子


月あかりしんとして歌に知るのみの死者たちに花が樹が雨がにほふ  小林真代


生まれたての闇に真向かひ降りる駅もう少しだけいつしよにゐよう  田中律子


水色とピンクの帽子が沈み込み歓声のみが聞こえる芋畑  林 泉


いつまでもふくれてないで珈琲の甘き香りのするうちに来よ  大島りえ子


「まだお飲みになるんですか」フネさんの敬語を気にも留めざりし頃  佐原亜子


伊達めがね集めてるんです掛け替へていやなけしきを忘れるために  穂積みづほ


やはり誰も呼ばないでおく明け方の銀箔の月ひっそり笑まう  吉田淳美


高校生だった僕が見たマハは人ごみの向こうで小さくなってた  松塚みぎわ


路地裏の日だまりに猫は寝そべりてそば行く我に眼だけ動かす  丸山隆子



(新井蜜)



by trentonrowley | 2019-05-17 17:21 | 十首選 | Comments(0)
2019年 05月 16日

「塔」五月号 山下泉選歌欄 十首選

「塔」五月号 山下泉選歌欄 十首選


バス停へつながる裏道初めての道歩きつつわくわくとせり  上大迫チエ


種をもつ果実の甘さしたたらせ少女ら後部座席にひしめく  黒瀬圭子


一つ二つとあなたの干柿食べながら今この人にとても会ひたい  佐近田榮懿子


身構えるくせがつきいて男の子が四五人われをよけて行きたり  須藤冨美子


やぶ椿くらく咲きゐる宮の杜このつきあたり何か住むらし  田口朝子


潮騒を島の鼓動と聞きながらきみの波打つ胸を見ている  谷口公一


選ばれし子とも思ひて待ちをれば予定の閏日さらつと過ぎき  広瀬明子


わたしらの居たふるさとは広かつた小皿に光る片口鰯  本嶋美代子


釘のようにきみに刺さったわたしなり錆びたらもっと気持ちいいのに  大森静佳


地下書庫に擦れ違ひたり要するに男とはただ一枚の背中  髙野 岬



(新井蜜)



by trentonrowley | 2019-05-16 22:15 | 十首選 | Comments(0)
2019年 05月 15日

「塔」五月号 江戸雪選歌欄 十首選

「塔」五月号 江戸雪選歌欄 十首選



駅出れば冬の雨降るなるようになるしかないとフードを被る  黒木浩子


雪女だから朝には水になるそんな感じで忘れられたい  佐藤涼子


陽をあびて日々に痩せゆく切り干しを食めばほんのり甘味ましゐつ  千葉なおみ


帰らむと一人渡れる思川(おもひがは)妻の挽歌は歌ひたくなし  小川節三


近付かずさりとて離れずごろごろと猫喉鳴らす如き遠雷  菊池秋光


キャプションに「一人おいて」ととばされし男は写真に正面を向く  西郷英治


冬の夜は何かが哭くと妻が言う(水無し河原の鳴き石ですよ)  中山大三


最終のバスならとうに見送った水色の椅子つめたく眠る  吉岡昌俊


渡り止め棲みついてゐるといふ鶴を探して歩く出雲の土手を  越智ひとみ


スマートフォンが冷蔵庫より出て来たりスマートフォンは冷やすのがよし  永山凌平




(新井蜜)



by trentonrowley | 2019-05-15 15:27 | 十首選 | Comments(0)