人気ブログランキング |

暗黒星雲

trenton.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2019年 07月 31日

「塔」七月号若葉集(江戸雪選) 十首選

「塔」七月号若葉集(江戸雪選) 十首選


散る花の名を問ひたきに人もゐずひとひらひろふ春のかたみに  大江裕子


葬列のあとに鳥らは群れあそぶそこに紅椿白椿  髙田獄舎


わが胸に獅子のパティオあり夕暮は背きたる人の血のごと赤し  相野優子


海賊の頭みたいな店員が勧めてくれし紅葉購う  大和田ももこ


虹なんか出たらいいよね傘ひとつ閉じて二人の雨上がり  小川さこ


雨の日は針もつ母のかたへにて雨音ききつつ指先見てゐし  中村みどり


やわらかな爪を撫でおり昨日までエコー画像に映りたる子の  松本志李


作品の撤収終えし壁面に2センチ程に光るセロテープ  山田精子


人の居ぬ家に戻るといふことの意味など問はじ 百合を買ひくる  足立信之


あたらしい遊具をひとつ考える課題みたいな毎日がいい  長谷川 麟



(新井蜜)



by trentonrowley | 2019-07-31 22:33 | 十首選 | Comments(0)
2019年 07月 31日

「塔」七月号 小林幸子選歌欄 十首選

「塔」七月号 小林幸子選歌欄 十首選


竜骨を休ませ冬を陸(をか)にある船ならずとも待つは海明け  三上糸志


すき焼きの七輪囲みし日のありき母に代わりて勘定講に  白井陽子


一斉にさくら散りゆく本心を話したことがあつただらうか  永山凌平


鳥影が一瞬ひかりをさえぎりて眠るあなたに影おとしたり  黒木浩子


僕はまだ行き先すらも決められずT字路に長くブレーキを踏む  近江 瞬


墓誌の端に姉の名ひとつ古びをり山の傾りに桜の咲けり  竹尾由美子


真夜中に階段下り来る子の一歩一歩を聞きおり外は雨らし  鎌田一郎


医者曰く傷の治りの遅いのは年のせいです すべてそうです  弟子丸直美


てしてしとジョギングしてるおばさんを我は歩いて抜きさりにけり  中西寒天


息継ぎを忘れ泳いだあの夏に流行った歌がカーラジオから  王生令子



(新井蜜)



by trentonrowley | 2019-07-31 19:48 | 十首選 | Comments(0)
2019年 07月 27日

「塔」七月号 真中朋久選歌欄 十首選

「塔」七月号 真中朋久選歌欄 十首選


想い出だけじゃおなかがすくわと歌いつつおなかがすいていたのに気づく  かがみゆみ


船釣りの釣果は船長の腕次第人の良さでは魚は呼べぬ  新城研雄


夕光のなかに花満つ ぼんぼりのやうに立ちたる白木蓮の  長谷仁子


白雲がすっかり退(の)きて半月が花びらのごと青空にあり  金田和子


黄昏の高速バスより見上げたりマンションに明かりが灯りゆくさま  仁科美保


帰り道出会ひし人に問はれたり痩せた狸が来なかつたかと  八木由美子


録音をいたしますといふこゑ流る妹の家に電話かければ  千葉なおみ


沈丁花の植え込みがある玄関の闇の重さは香りの重さ  高橋ひろ子


時代劇ばかり見ている夫といて江戸時代となる脳内はほぼ  海野久美


なけなしの時の結晶もちさった私の心をおいてったまま  田中しのぶ



(新井蜜)



by trentonrowley | 2019-07-27 16:32 | 十首選 | Comments(0)
2019年 07月 26日

「塔」七月号 栗木京子選歌欄 十首選

「塔」七月号 栗木京子選歌欄 十首選


必要とされたい あすも朝七時の電車に乗ってしまうのだろう  垣野俊一郎


いつから休むか聞く人もいる ご懐妊おめでとうって言うより前に  佐藤涼子


かくる者の都合のみにてかけらるる電話の野蛮 銃に似てゐる  清原はるか


差掛けの将棋の盤を蹴散らかすごとくに彼は死に急ぎたり  小川節三


うっすらと透ける苺に声かけるように食みたり臨月の娘は  石川えりか


目の前の女の深いため息が山手線に澱んでいたり  川並二三子


ゴキブリを天とう虫と呼んでみるやっぱりダメだ見た目が違う  北野中子


子もわれもほんとのことは言はぬままぬるいスープを匙に掬へり  𠮷田京子


その日までひとまずねばる旗として賞味期限の遠い牛乳  小松 岬


鯉の見ゆる川まで妻の添いくるる試歩にてカープコースと呼べり  荒堀治雄



(新井蜜)



by trentonrowley | 2019-07-26 21:36 | 十首選 | Comments(0)
2019年 07月 25日

「塔」七月号 なみの亜子選歌欄 十首選

「塔」七月号 なみの亜子選歌欄 十首選


昼たけて雨あし激しくなりゆくを身を細くして傘のうちにゐる  赤井稚加


君と海を見ることはない君はもう海なのだから風つよく吹く  魚谷真梨子


ロボットの歯ぎしりのやうな音聞こゆMRI検査室より  久川康子


ズボン履き遍路に行くが晩年の夢なりし母丸亀育ち  いとう 琳


「徘徊」と言い置き夫の出かけ行く桜咲く道一周りせむと  倉成悦子


書いている自分と話している自分は全然違うという人  杉田菜穂


病人をしてゐる午後のむかうがは刈られる草に鎌のにほひす  東 勝臣


海の見える席に座れず半島の北へ北へとバスに揺られる  山下好美


『皮羊かん』竹のかはより剥がすとき皺のあまたを引き連れてくる  岡部かずみ


門扉やや左右にずれて軋み鳴るまるで訃音を拒否するように  芳仲成和



(新井蜜)



by trentonrowley | 2019-07-25 21:57 | 十首選 | Comments(0)
2019年 07月 23日

「塔」七月号 山下泉選歌欄 十首選

「塔」七月号 山下泉選歌欄 十首選


お祓いをしてこいと言う店長のかすかに白いもみあげを見る  大橋春人


君のその眉毛の角度が好きなんです空へとのびる末広がりが  太田愛葉


始まりに終わりの混ざる三月のミルクセーキをそっと飲み干す  杉原諒美


どこかへとただ行きたくてひとり旅多くを決めず乗車券買ふ  浅野美紗子


この余白いいねと言ひたる亡き母の目線になりて画展巡れり  今村美智子


スプリングコートの胸をぎゆつと抱き四月二日の階段上る  岡部由紀子


三月の終わりに失くした傘のこと 降りた電車にもう戻れない  紫野 春


椋鳥の親子が庭に立ち寄りて草にかくれてついばみており  髙木昌代


バックネットの上にようやく辿り着き空つかまんと揺れる葛の葉  よしの公一


業務命令納得出来ぬと言ひしひと写真となりてわれにほほゑむ  安永 明



(新井蜜)



by trentonrowley | 2019-07-23 20:24 | 十首選 | Comments(0)
2019年 07月 20日

「塔」七月号 小林信也選歌欄 十首選

「塔」七月号 小林信也選歌欄 十首選


ひとつだけシロバナリウキウコスミレの花咲くここが春の入り口  山尾春美


六年はわれの六年でもありて通園鞄の黄色をなでる  吉田 典


腑におちぬメールの中身を反芻し花の夕べは冷えてゆくなり  小谷栄子


Uターンを選びたる子はおさならをたんぽぽの咲く田に放ちおり  赤田文女


春までにキャベツの種を蒔くことが冬の末から気がかりのこと  高原さやか


くしゃみとは時速一六〇キロあるという寂しさ飛ばせ独りくっさめ  舟橋隆之


日常を味わいたくて環状線ぐるりとまわる二度ほどまわる  真栄城玄太


われに向きもうよからうと父言ひき炬燵の縁に目を落としつつ  守永慶吾


露地植のいちご片手にやわらかな畦道をゆくリードゆるめて  森 雪子


くちびるの皮がめくれて痛いのに赤いのにつやつやとしている  椛沢知世



(新井蜜)



by trentonrowley | 2019-07-20 20:01 | 十首選 | Comments(0)
2019年 07月 19日

「塔」七月号 永田淳選歌欄 十首選

「塔」七月号 永田淳選歌欄 十首選


刷り立ての資料一式配りたり「あっ温かい」と騒立つ講堂  近藤真啓


四月にはクラス替えやで。一年間楽しかったか? ケリの鳴くなり  鳥本純平


玄関を春の夕陽が金色に輝らすひとりの鍵をあけよう  川井典子


座席深く駅弁を食べる少年が時折われを見ることのあり  永久保英敏


母と寝る権利を求め争いて敗れし下の子我と寝るなり  井上雅史


両の手に温き湯呑みを包みつつ言わざりし一言悔みいるなり  久保田和子


そうですか、わかりましたと答えるしかない夫なり 異動の知らせ  山上秋恵


百歳の姑の友よりの手紙届くその朝姑は読まず逝きけり  高松恵美子


ふる里の無人の家にも届きいん余寒に冴ゆるこの月光は  高木節子


新しき衣を体にまとうとき東を向けと言われてきたり  堀口 岬



(新井蜜)



by trentonrowley | 2019-07-19 22:22 | 十首選 | Comments(0)
2019年 07月 02日

「塔」六月号 月集 十首選

「塔」六月号 月集 十首選


伐る現場見たることなく切り株が増えてゆくなりここの団地に  花山多佳子


武蔵野を君と歩きし春の日の身に残りたり赤き靴ずれ  栗木京子


一つ前に「代書前」とふ停留所かつてあり皆そこで降りにき  小林信也


顔白くカカシは浮かぶ納屋の戸をひらくひかりに冬の案山子は  池本一郎


有効期限二十年前に切れたパスポート二十歳のわれは口結びいる  荒井直子


片頬の火照りはつづく石段に打ちたるのちの三月の雨  苅谷君代


山の上にひろごる空よ年一度峠を越えて桃売りが来る  酒井久美子


白梅の香につつまれていくようなり透けし点滴そそがれつづく  中島扶美惠


奥まって名も知らなかった樹々たちの伐られて森は森でなくなる  林 芳子


夕暮れに泣く子を抱きて踏み切りに赤い電車をただ見てをりき  宮地しもん



(新井蜜)



by trentonrowley | 2019-07-02 16:43 | 十首選 | Comments(0)
2019年 07月 01日

「塔」六月号 花山多佳子選歌欄 十首選

「塔」六月号 花山多佳子選歌欄 十首選


後ろからはギターに見えたりいえあれはライフルを持つカラシニコフ像  佐原亜子


いつも主語ぬきで問うきみ返すのに何の問いかをいそいで探す  歌川 功


ことごとに老後はみると娘(こ)は言ふが老後など吾はいらぬと思ふ  大島りえ子


もう一度会いたきものを約束の葡萄畑も失せて久しき  数又みはる


春雷は気配のみにてわたしより離(さか)り東の海へ行くらし  白石瑞紀


行きしことあらぬ土地なりうろ覚えの鎌滝という名書面にありぬ  筑井悦子


もうとうに売りてしまひし自動車のフロントガラスの疵をおもへり  西村玲美


味噌みれば指にとりては舐めるくせ味噌屋の娘でありし名残の  古林保子


群れること歓びならむ モンゴルの砂塵のなかにはだかの馬は  祐德美惠子


雪雲が消え去りし空にでんとあり石狩湾の風力タービン  國森久美子


(新井蜜)



by trentonrowley | 2019-07-01 20:20 | 十首選 | Comments(0)